皆様、お元気ですか?

二代目大家かずみです。

私のコラムをお読みいただき、ありがとうございます。

 

今日、編集部から来たメールで、

マイル大家

という方がいらっしゃるのを知りました。

私が知らないことをたくさん教えていただけると、

うれしいなと、期待しています。

本当に、クレジットカードのポイント集めに

はまると、キリがないくらい、めんどくさいのです。

さらに、ポイント換算は、しょっちゅう

改悪

という形で変わるので、常に最新情報の収集は必要です。

 

さて、今回は、カードはあるけれど、カードで

支払ったことのない方のための、経理処理のご説明です。

ぜひ、これを読んで、今年はチャレンジしていただき、

ポイント生活をエンジョイして欲しいなと思います。

 

インターネットのサイトから税金などを支払うと、

最後に印刷用ページの案内が出ますので、

これをプリントアウトします。

そして、税金の請求書を添付しておきます。

その後の扱いは、

クレジットカードの引き落としがどこか?

よって変わります。

 

まず、クレジットカードの引き落とし口座が、

実際に仕事用の口座の方。

この場合、クレジットカードの明細には、

固定資産税と同時に、支払い手数料も引き落とされますから、

その手数料は、除いておいた方が無難な気がします。

同じ手数料でも、税金を金融機関から振り込んだら、

その手数料は経費に算入可能かと思いますが、

カード支払いの場合の否認される可能性が大きいと

思いますので。

金融機関での振り込みは、他に方法がなかった可能性が

ありますが、クレジットカードの引き落としですと、

他に方法があるとみなされそうというのが理由です。

 

次に、自分のプライベートの口座から引き落としされる場合。

これは、請求書を添付したプリントを、

現金勘定扱いして、請求額のみ経費算入します。

こちらも、手数料は経費算入しないのは一緒です。

私はこの方法を採用していますが、お願いしている

税理士の先生からも、

融資を申し込んだ日本政策金融公庫からも、

否認されませんでした。

念のため、日本政策金融公庫は、融資の申し込みの際、

直近の固定資産税の領収書の提出を求められます。

今回は、カード決済を終えた請求書があったのですが、

まだカード代金の口座引き落としが終わってないものは、

支払い済とは、みなされませんでした。

この辺り、シビアです。ですから、既に、

きちんと口座引き落としされた分を提出しています。

もちろん、その形の書類添付で、融資は承認されましたので、

ご安心を!

 

おまけですが、水道光熱費も、クレジットカードです。

金融機関の営業マンからお願いされて作った、

プライベートではない、ビジネス扱いの

クレジットカードが、私個人用と会社用と、合計3枚あるので、

それぞれ対応する口座から、ダイレクトに

カードから引き落としの手続きをしています。

他にもそれぞれの電話代や入居者用インターネット代なども

引落しているので、1年の間には、それなりのポイントがたまり、

子供が喜ぶアイスクリームやアマゾン、

カフェのポイントカードなどに交換しています。

最初に手続きさえしてしまえば、あとは楽ちん。

手続きをしないのは、もったいないと思います。

 

今日も、私のコラムをお読みいただき、

ありがとうございました。