おはようございます。かっちんです。

ゴールデンウイークが始まりました。

サラリーマン的にはゴールデンウィークは大歓迎なのですが、不動産経営的視点で考えると、金融機関も休みだし、仲介や管理会社などの各業者も休暇を取られることが多いので、物事が進みにくく不便を感じてしまいます。

さて、今日からの連休で、時間的なゆとりを持つ人も多いと思いますので、「これから不動産投資を始めよう」という読者の方が増えるのではないか?と勝手に予想を立てました。(猛者の方々は時間の有る無しに関係なく、勉強されるので)

そこで今日は、属性の違いによる不動産投資の作戦の立て方についての僕の考えを書かせていただきます。

先日、オフ会を開いた際にも「これから不動産投資を始めようと思う」という方と、お話をしました。

夫婦そろって良い属性であり、さらに夫婦そろって不動産投資がしたいということでしたので、かなりハードルは低いと感じました。まだまだお若いお二人でしたので、よほど油断しない限りは成功していくのだろうと感じました。

今まで多くの「大家予備軍」と話をしてきた中で感じることは

今お話ししたご夫婦はのパターンはけっこう稀で、多くの場合「属性が良い人」は、生活が安定しているためか不動産投資なんて危険(?)なことに手を出したくないと考えるようです。

ご夫婦のうちのどちらかが積極的であっても、配偶者が反対するケースが多いと思います。

その一方で、「属性がそれほど良くない人」の場合は夫婦が同じ方向を向いていたとしても、融資という高いハードルを越えていかなければなりません

高属性の人は

本当に今の生活がずっと続くのかを家族でしっかり話をすることが大切でしょう。

収入の柱が何なのか?

万が一病気で働けなくなった時はどうするのか?

そして、本当に高属性高収入安定した生活or満足のいく生活を送れているのか?

高収入だけど、税金ばかり払っていて、可処分所得は他と大して変わらないというケースも多いのでは?

繰り返しますが、高収入であっても、不満足な生活やリスクを伴う生活になっていないかを、今一度考えてみる必要があるでしょう。

高属性ではない人は

物件がよほど良くなければ融資を得るのは厳しいでしょう。逆に考えれば融資の審査が厳しいだけに、よりちゃんとした物件以外は、フィルターで排除されるので、初心者には好都合だともとれます

まずはポータルサイトで気になった物件に問い合わせを入れ、業者と顔つなぎをしておくことでしょう。

数をこなすうちに、きっと金融機関の融資の壁を突破する物件に出会えるはずです。それまで頑張りましょう!!