こんにちは。

ベトナム大家です。

 

1か月半かけて、ようやく東京で部屋を借りられました。

しかしながら、ハウスクリーニング費用として

前払いで60000円を盗られてしまいました。

 

内訳は、部屋の広さ30㎡×単価1500円

エアコンクリーニング代15000円だそうです。

なお、私がヤフオクで落札した中古のエアコンは

2015年製で12960円だったことを付け加えておきます。

 

誰が考えたのか日本家屋

たしか、過去に発表した無駄なものランキングは

1位:壁紙(クロス)

2位:畳

3位:障子

だったと記憶しています。

 

これらの存在は本当に誰も得しません。

汚しても汚さなくても、強制的に張り替え費用を取られ

その約50%がキックバックとして管理会社に入ります。

 

管理会社の祖先が、奈良時代や平安時代の頃に

将来キックバックを取るために畳や障子を発明したのか

と勘ぐってしまうレベルのボッタクリです。

 

なお、ベトナムのアパートではこうなっています。

 壁紙 → コンクリート又はレンガ

 畳 → タイル

 障子 → カーテン

バケツとモップで洗い流して終わりなので

ハウスクリーニング費用なんてものは発生しません。

 

簡易クローゼットのすすめ

最近感じた第4勢力が、ふすま&押し入れです。

ふすま自体も張り替え費用を取られますが

それ以前に、その構造がナンセンスすぎます。

 

なぜなら、必ず片側が閉まっているからです。

横幅180cmの押し入れなら、ふすまは90cmです。

ここに、長さ130cmのスノーボードを収納しようと

思ったら、一旦ふすまを外さないと入りません。

 

私は、こんな邪魔なふすまは撤去してやりました。

突っ張り棒を通してやれば簡易クローゼットです。

こちらのほうが、留学生にはよっぽど喜ばれます。

 

なお、ベトナムには押し入れなど存在しません。

木製のクローゼットもしくはハンガーラックです。