こんにちは。

今回のテーマは、「今、私ならココで融資を借ります」です。

 

不動産投資向け融資に対するの銀行環境は、悪化の一途です。

潤沢な自己資金を持っている方は、今の環境を喜んでいるかもしれませんが…。

その他大勢の方は、どうしたら良いものかと、悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

 

ノンバンクは、金利が高い。

銀行は、自己資金2割出せという。

国金は、融資期間が短い。

 

じゃあ、どこで借りるのか?

 

それは…

生命保険会社です。

 

ニッセイや富国生命などの生命保険会社は、以前から『アパートローン』という商品があります。

生命保険会社でお金を借りることは、しっくりこないかもしれませんが、ハウスメーカーなどがアパートを売るときには、利用されている制度です。

ホームページにも記載がありますが、金額は2億円までです。

 

しかし、生命保険会社を利用する最大のメリットは、金利の安さです。

某保険会社のアパートローン金利を調べてみたら、10年固定金利で1.05%でした。

10年固定金利1%は、すごく安いですよね。

新築でも、借り換えでも両方とも可能です。

 

また、生命保険会社は、莫大な資産を有し、株式市場などで運用しています。

莫大な資産の中で不動産向け融資の比率などゼロに等しいのです。

銀行は、不動産向け融資の比率割合を下げるよう、金融庁から要請されていて、厳しい状況が続いていますが…。

生命保険会社には、まだまだ、関係ないように思います。

生命保険会社も、資金運用先がなく、困っていますので、チャンスかもしれません。

 

ん?どこで借りればいいの?

と思った人も多いと思います。

 

実は、直接、生命保険会社へ問い合わせするんです。

返済の引き落としは、毎月、銀行からになるのですが…。

興味のある方は、まずは生命保険会社のホームページを見てください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。