こんばんは、オカリロ人です。

 

ドタバタのDIY劇でしたが、

どこが手間な作業か、

どれくらいの時間がかかるか、

費用はどれくらいか 

を理解するよい機会でした。

 

自分でやった場合が、費用面では最低価格ですから、

あとは人工代とクオリティにいくら出すかです。

これを理解せずに”とりあえず値切る”というスタンスは共感できません。

 

さて

クロス張りが終わり、古めかしい換気口が目立ちます。

 

クロス張りの前にあらかじめ外してありました。

 

換気口ごと交換しちゃおうか!とも思いましたが、

いかんせん、型が古く合致するものが見つかりません

 

しかしこのままでは、新品のクロスにやたら古い換気口が浮いてしまいます。

 

 

こんなときは塗装

換気口を洗って、乾かして・・・

ラッカースプレーで塗装です。

1本200円×2本。激安です。

 

 After vs Before

 

見違えるように綺麗に。どやっ

 

 

あ、、、このスプレー、

樹脂OKじゃなかった・・・(油性塗料)

変形しなくてよかった。

 

 

気づいたけど、今更水性塗料は買わず、そのまま続行です。

ざんざんムラがあるので、ちょこちょこスプレーをし直しつつ

2回ほど薄く塗装。

 

風が吹いて、砂が・・・っ

 

 

塗装って、まさか室内でもできないし、

屋外だとゴミ・ホコリが飛んでくるし、難しいものですね。

どうしたらいいのかな??

 

換気口に戻す

 

 

OK?

 

OK??

 

OK??

 

NO!

壁紙の隙間・・・隠れてねぇ!?

 

思ってたより・・・蓋、小さかったんだねぇ・・・

隠れると思って、壁紙サックサック切ってましたよ。

 

 

神のお告げ(DIY師匠)

以前のコラムで神のお告げがあったんだ!

隙間を埋める神アイテム

 

きれいじゃない!?

 

 

え、ツマミの色が古いままだって?

 

だって外れなかったんだもん。

 

 

遠目に見ればそんなに気にならないので、

”アクセントツマミ

令和の流行に!

 

 

それではご贔屓に!

 

また次回のコラムでお会いしましょう。