区分マンション専門、サラリーマン大家の小柴長太です。前回のコラムでは保険鑑定人とは何者であるかについてお話ししました。今回は原状回復のためのリフォーム手配についてお話します。

 

リフォーム代金精算時のちょっとしたゴタゴタ

 

今回の話をする前に、前回リフォーム代金の精算についてお話します。実は業者と私の間で見積もり見解に相違が有り、ちょっとしたゴタゴタしました。

 

具体的には、工事前にある見積もり金額で合意していたのですが、天井内の配管位置など、工事後判明した事由に起因して、初期見積もりからのコストアップが避けられなりました。

 

こんな時、コスト抑制手段として一般的なのが設備の施主支給ですよね。単純に工事代金が膨らむことは避けたかったため、これを行うことにしました。具体的には、ユニットバス、トイレ、ガス台、モニタ付きインタフォンが対象で、初期見積もりでこれらの合計が約80万円でしたので、施主支給に切り替えて20~30万円圧縮できれば、多少のコストアップは吸収できるだろう、という思惑でした。

 

ところが工事完了後、業者から提出された請求書を見てびっくり。80万円分の設備を外したにもかかわらず、最終請求額は初期見積もりと同水準でした。一体どういうことなのでしょう?

 

説明を求めると、要はそれだけ追加でコストアップがあった。都度私に説明&確認を取ったとのことでした。確かに工事期間中に何かにつけて説明&確認は受けましたが、初期見積もりの範囲内か範囲外か、範囲外の場合はどれだけコストアップになるのかの提示は有りませんでした。

 

今一つ納得いきません。皆さんならどうされますか。

 

最終的には業者の言い値を支払いました

 

自分なりにさまざまな可能性を検討しましたが、結論として、今回は業者の言い値を支払いました。知人の紹介であること。そもそも商業物件メインで高品質高価格が身上の業者であること。オンリーワンの内装で左官や古材の調達など専門性の高い工事が含まれていること。メインテナンスに際して末永くお世話になりたいこと。これらを含めた総合的な判断です。

 

学びも有りました。クロスやフローリングと言ったよくあるリフォームでは、業者が請け負う通常価格(市価)があります。ところが特別なテイストのリフォームとなると、競合が少なく替えが効かない。施主と業者の力関係も、通常よりやや業者優位になります。またメインテナンスも含めて末永く付き合いたいのであれば、「代金不払い」といった強硬手段も選択しづらい。多少もやっとした想いを呑みこむことにはなりましたが、仲良く付き合っていくのが得策と判断しました。

 

そして漏水事故が起きました

 

そしてその3か月後、共用部の老朽化による漏水事故が起きました。急な依頼にも関わらず、本業者には最優先で日程組んで対応してもらいました。もし代金が未精算だったら、こうは行かないですよね。

 

あと費用が全額保険適用というのも、業者としてはやりやすかったと思います。後から施主に「高い」なんて言われることが有りませんから。こういう仕事は、急な対応にはなりますが、利益はしっかりと取れるのでしょうね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!