こんばんは!

前回のコラム、読み直してみると、珍しく、言い切りスタイルでキレてる感じがしました

切れ痔主の婿養子大家です

 

急遽、書く事にした、

番外編:nasaさんの質問に答える

 

構成は、

【1日目】

1.nasa170289さんからのコメント

2.相場が900万円の物件を300万円で仲介した不動産屋は詐欺?

3.相場が900万円の物件を300万円で購入した私は?

4.相場が900万円の物件を300万円で売却した売主は?

5.相場が900万円?

【2日目】

6.売主の無知や不安な精神面につけこんだ合法的な詐欺?

7.後ろめたい気持ち

8.不動産屋の良心に委ねるしかないのか?

9.不動産屋がブラックなイメージ

10.だから不動産投資をしない???

【3日目】

11.あなたは(私)は何故不動産投資をするのか?

12.10年後も同じ質問があるか?

13.10年後も同じことを言います!

14.ここは自慢する場所ではないです

15.真のコラムニストが書く真意を知る

です。

 

今日は、2日目になります。

1日目では、久しぶりにコメントを下さった方も多く、

それだけ

皆さんの心のどこかにあることなんだ

と勝手に解釈いたしました。

 

2日目に入る前に、

前回のコラムで僕の論点と皆さんから頂いたコメントの論点にズレが生じてしまっているので、今一度整理をしてから2日目に入ります。

 

1日目の整理

簡潔明瞭に1文字でまとめるなら、1日目の議題は、

相場

でした。

決して、

相場が900万円の物件を300万円で仲介した不動産屋は詐欺ではない!

ということが言いたいわけでもなく、

そんな事は当たり前の事で

相場が900万円の物件を300万円で購入した私は詐欺ではない!

という自己弁護がしたいわけでもなく、

誰に何て言われようが不動産は僕の生業

であり、

相場が900万円の物件を300万円で売却した売主は合法的詐欺の被害者ではない!

ということが言いたかったのではなく、

でも心のどこかにひっかかりがある!

ということが言いたかったのです。

 

でも、もう一度はっきり言いますが、

 

僕は一切売主に負い目はありませんし

売主は喜んで売却してくれましたし

買主も喜んですぐ引っ越ししました

 

初日のコラムのコメントが落ち着いてから、

takuさんという方からも刺さるコメントを頂きました。

内容については、ここでは触れませんが、他の読者の方は読み直されても追加でコメントするのはお控え下さるとうれしいです。

ただ、

takuさんと僕の言っていることには

大きなズレがある

と思っています。

そして、このズレは、

nasaさんの知人の方と僕にもあると思っています。

 

この矛盾を理解するにあたっては、

まず、

相場の理解

をしましょう!

との想いを込めて1日目を終えたのでした。

 

何度でもはっきり言いますが、

300万円という金額を格安だと判断する理由は、

僕が900万円で売却に成功したという結果をすぐ出したからに過ぎない

と思っています。

 

ここに、

相場の誤解

      と

不動産業界の誤解

があると思っています。

 

そして、

相場の理解をした上で見える物は何か?

 

甘ったれたお花畑の脳ミソを持ち

無駄で余計な正義感が邪魔をし

自己矛盾と対峙し

それでも!

不動産投資を一生続けるつもりだから

nasaさんの知人のコメントに全身全霊でお返事を書いております。

 

それでは、2日目に参ります。

 

6.売主の無知や不安な精神面につけこんだ合法的な詐欺?

これがまかり通るのはどんな時か?

基本的に、

個人買主一人では、この合法的詐欺の恩恵を受ける投資をすることは出来ません。

ここでの登場人物は、

主に、

①売主から直接買取る者

②売主の元付仲介

③売主の元付仲介を抱え込む買主

この3者は、

その気になれば合法的詐欺の恩恵を受けることが出来る

と考えます。

 

この部分が、

不動産業界を魑魅魍魎たるものにならしめる存在ではないでしょうか?

勿論、これ以外にも、

買主が嵌め込まれることもあり

仲介が売主買主に裏切られることもあり

仲介が業者を弄ぶこともあり

だから、一般の人たちから

不動産業界がクソみたいな業界

に見られてしまうのかも知れません。

 

でも、

実は!

一般消費者の中にも

常識のない

自分勝手で

相手のことを考えない

クソみたいな一般消費者も一杯いると思っています!

 

残念ながら

様々なグレーやブラックな事が日常茶飯事のように起きているはと思います。

 

ここでは、上で挙げた事柄について、ジャッジするつもりはありません。

 

そこではなく

我々、多くの個人投資家が行う一般取引は、上で挙げるようなものとは異なるものであるということの確認をしたいだけなのです。

 

普通は

売主は合意の下で不動産を売却し

買主は合意の下で不動産を購入する

 

この単純明解な原理に、

当事者以外の人間の思惑

が入りこむからおかしなことになってしまいます。

 

単純な例が、

仲介の介入

でしょう。

 

僕の事例で考えたいと思います。

僕は、

売主側の仲介は、馬鹿で無能で無責任だと揶揄しました。

ただ、それもやはり僕がすぐに出した結果からもとづいてにすぎません

 

どういうことか?

その仲介は、売主を騙して380万円で売りに出したわけではなく、

 

事例が少なく比較が難しい

⇒事例が少ないこと自体がリスクであること

 

実際に競合物件が580万円で1年以上売れていない事実を知っていて

⇒本当に需要があるのかすら怪しいとも言え

 

早く身軽になりたい売主の意向を汲んで、すぐ売れるであろう金額で売り出し

⇒だから380万円で売り出し

 

その結果、僕が買ったわけです。

そして、指値を入れた時は、

「売り出したばかりで、しかも、そこそこ安く売りだしたつもりだから難しいと思います。」と言われました。

でも、売主はOKをしたわけです。

その代わり

瑕疵担保免責

融資特約なし

境界非明示

で。。。

この3点セット。素人が簡単に真似してはダメだと、日ごろからコラムで言っている内容です。

そのために、僕は

プロの仲介が判断つかないリスク

を、自分なりに調査、精査して踏み切った訳です。

 

実際に、ここのコラムニストで真剣に疑似体験として自身に置き換えた方が数名いらっしゃいますが、

みんな自分なら買えない

と言ってました。

 

内覧会に来た人も、ここの読者も、

僕が買ったという色眼鏡で物件を見て

相場の誤解

が生じます。

 

もう一度聞きます。

戸建9号

あなたはしっかり疑似体験した上で、自身に置き換え

買えるか買えないか

判断出来ていますか?

 

買える人は既にそんな物件を買えています。

 

ところで、この章のタイトル。

売主の無知や不安な精神面につけこんだ合法的な詐欺?

 

このタイトルが既に違和感ありありです。(自分でつけといてなんですが)

 

9号を買った僕が不安じゃなかった?

 

そう思っている人は、多分、このコラムの意味も意図も理解してもらえていないかも知れません。

 

7.後ろめたい気持ち

じゃあ、後ろめたい気持ちがゼロか?

それはまた別の話です。

もう一度言いますが、売主に負い目は一切ありません。

ただ、

全てが不確定要素ではありますが、

頼む仲介が違えば、結果は異なった可能性は十分にあります。

それを契約せず僕が売主へアドバイス?

僕にはそれは出来ません。

それをするとなると、僕が物件が1件も買えないでしょうから。

『自分が買わなくても誰かが安く買う』

尊敬する埼玉サラリーマン大家さんの口からも出たことがある言葉です。

 

この言葉の意味するところは、ここまで書いてきたことを全部理解して初めて理解出来ることなんじゃないかと思います。

 

売主さんがかわいそうだから満額で買おう。

その結果20年後に自分が破綻するかも知れません。

僕は株をやりませんが、不動産の怖さはそこそこ理解しているつもりです。

だから絶対に失敗しません。

いや、

絶対に失敗できません!

 

実力がつき、物件を見る目が出来てくると、

歪みが見つけやすくなります。売主の無知や不安な精神面に付け込んだものは、全て歪みとして現れます。

じゃあどこまでの指値なら合法的詐欺じゃなくてどこまでなら詐欺ですか?

 

その線引きは存在しない。売主が納得、買主が納得して取引する限りは。。。

そして、第三者による誘導や思惑の介在が無いのであれば。。。

 

それが『相場』の理解だと思っています。

 

自分が良いと思った物件を自分が納得する金額で譲ってもらうことに対して、

後ろめたいような感謝のような気持ち

を持って取引に臨んでいます。

 

8.不動産屋の良心に委ねるしかないのか?

それは違います。

携帯の仕組みを僕がきちんと理解すれば、もっと無駄な支払いを防げるのでしょう。問題は僕が調べていないだけ。無知なだけ。

ネットで調べれば、他店の家電の販売価格や最安値まで分かる時代です。店頭で値引きが当たりまえになっている家電量販店で言い値で買っているのは無知が悪と言えましょう。

では不動産屋は?

騙されない為に、知識をつけることも出来ます。

引越を頼むときに相見積もりを取りませんか?

車を買い取り業者へ売る時も相見積もりを取りませんか?

不動産も査定は数社にお願いし、自分で判断できる材料をそろえるべきです。

それをやらないのは、

良い言い方をすれば、不動産屋を性善説の如く信じているのかも知れませんが、

悪い言い方をすれば、

単なる怠慢

とも言えます。

 

無知で不安な一般人であっても、損をしない為に出来ることはあると思っています。

 

もちろん!

業界に蔓延る、詐欺のようなことも多いのも事実で、僕はもう既に十二分に毒されているとも思います。

 

そんな中で、

自分を保つ為に自分に言い聞かせているだけなのかも知れませんが。。。

 

9.不動産屋がブラックなイメージ

これは不動産業界がブラックなイメージと言われればそうだと思います。

でも、

不動産業界だけがブラックとは全く思いません

そして、

不動産業界を取り巻く全員がそうさせている部分もあると思っています。

勿論、

全員には、素人やエンドユーザーも含んで言っています。

また、

不動産屋の中にも、真っ当な人もいます。

その人達から言わせれば、

不動産業界がブラックなイメージでしかないことは悲しい事だと思います。

 

尊敬するishiさんが過去のコラムでこんな事を言っていました。コラムが残っていないのであくまで記憶をもとにですが、

『世の中に不要な仕事なんてない。その意味が分からなければ不動産投資で成功なんてできないでしょう。』

的なことだったと思います。

勝手に美化し、拡大解釈しているだけかもしれませんが。

 

全ての不動産屋がブラックに見える

そんなブラックな業界では合法的詐欺が横行している

ブラックな奴が無知な素人を食い物にしている

 

そんな風にしか映らないのであれば、

それは、

まだ!

あなたが不動産業界を理解出来ていないからであり、

敢えて言えば、

人生を理解していないからではないでしょうか?

勿論、僕もまだ37歳で、人生を理解なんて到底出来ていません。。。

 

言葉はブーメラン。

文字は鏡。

 

10.だから不動産投資をしない???

1日目のサブタイトルに戻ります。

やる必要がないのであればやらなくて良いと思います!

 

ただ、

物事の全てが見えぬうちに

自分の小さな先入観で

決めつけるのは損

なのかも知れません。

 

前回のコラムでは、某仲介を罵倒しましたが、実際は感謝してますし、縁があったのだと思っています。ただ、nasaさんの知人やtakuさんと同じように業界を憂う部分はあり、怠慢だった部分があるのは事実だと思うので誇張して書きました。その眼には僕も同じように映るのかも知れませんが。。。

 

おわりに

このシリーズは、僕の心にいつもあることだからか、書いていてかなり口調が強い気がします。

終始、自分を肯定的に捉えようとしている節があるようにも感じながら、書いたものはあえて消さずにここまで進めました。

お風呂に入りながら、ふと思ったことがありますが、

不動産業界をブラックだと思っているのに不動産投資をし、失敗をした時、その人たちは、

多分

ブラックな業界のせい

ブラックな不動産屋のせい

にするのだろうなと思いました。

そして、

本気で不動産投資に取り組む人達はもし失敗しても、

自分にその原因を追究する

のではないかと。

 

言語化するのがすごく難しいことについて書いていますので、読みづらかったり、間違った考えを書いていてもお許し下さい。あくまで、37歳、仲介を3年だけしか経験していない、まだまだ未熟者の書き物だと思います。

 

今日はここまでにいたします。

 

本シリーズ、本コラムを書くきっかけを下さった方に感謝いたします。