こんにちは。

ベトナム大家です。

 

もう本当に面倒くさいことに巻き込まれています。

同僚が22時や23時まで残業してなかなか帰らない。

そして、土日もピコピコとメッセージが飛んでくる。

課長っぽいポジションの人間は

「売り上げを伸ばすにはどうすればいいか考えろ」

「評価を下げるぞ、査定を下げるぞ」と言ってくる。

 

正直、興味もないし、どうでもいいことです。

なぜそう思うようになったか解説したいと思います。

 

4つのサイフ理論

確定申告をしたことがある人はご存じだと思いますが

所得を記入するところには4つの欄があります。

給与所得・事業所得・不動産所得・配当所得です。

 

それを基に「富裕層になるには4つの財布を持とう」

という理論を展開している人がいます。

しかしながら、不動産所得はいわば賃貸事業なので

これを事業所得に含み、私は「3つの蛇口」と考えます。

すなわち、収入を得るパターンは3つということです。

 

蛇口①:他人の仕事を自分が行う

 例)社長の代わりに営業や開発をして、お給料を頂く

蛇口②:自分の仕事を自分が行う

 例)自分でリフォーム・客付けをして、お家賃を頂く

蛇口③:他人の仕事を他人が行う

 例)マネーの虎みたいに起業家に出資して、配当を頂く

 

最適なバランス調整

ほとんどの人は蛇口①に100%頼りきっているから

残業して休日出勤して、最悪の場合は過労死します。

蛇口①②③の比率が、2:6:2ぐらいになっていれば

理想的なバランスではないかと考えています。

 

蛇口②や③を持っていれば、必死に働く必要はありません。

大事なのは、蛇口①を0にしてはダメだということです。

 

なぜなら、蛇口②を大きくするには融資が必要ですが

あらゆる金融機関は口を揃えて、アホの一つ覚えみたいに

「勤続年数が~」「勤続年数が~」と言うからです。

 

ここで、冒頭の課長っぽい人間にいつか言ってやりたいです。

「あなたは給料を稼ぐのに必死かも知れませんが

 わたしは勤続年数を稼ぎに来てるだけなんですよ」

「だから、評価とか査定とか最低でいいっすよ」

「基本給だけ貰えりゃいいんで、毎日定時で帰りますね」