こんにちは。

ベトナム大家です。

 

かつて、こんなことがあったのを覚えています。

入居者からインターネットが使えないというクレーム。

3万円も初期費用を払ったのにどうなってるんだ?と。

 

そもそも、そこの物件にインターネットは無いし

私はノーガード戦法なので初期費用も取っていない。

 

調べてみたら、その入居者を仲介した業者が

インターネットが使えると勝手に吹聴した上に

架空の保険をでっち上げて3万円を徴収していました。

 

まるで五大厄災の一つ

上記の例は、ぼったくりというか、もはや詐欺ですが

これに近いことは日常的に行われています。

ここで、管理会社の念能力をフローにしてみます。

 

① 管理会社が入居者に「お願い」をする

・割高なシリンダーを買ってください

・割高な火災保険に加入してください

・割高なハウスクリーニング代を前払いしてください

・保証人を付けた上で取り立て屋も付けてください 等

 

② 入居者は大家に「おねだり」してくるようになる

・照明をLEDに替えてください

・エアコンを最新のものに替えてください

・ウォシュレットを付けてください

・隣の部屋の騒音を止めさせてください 等

 

③ お願いが大きければ大きいほど

等価交換でおねだりも難しい内容になってくる

 

④ おねだりを4回連続で断ると

入居者と、入居者が最も愛する者が退去する

 

問題は、お願いを叶えてもらった管理会社ではなく

関係ない大家が尻ぬぐいさせられるということです。

私はこれを「賃貸のナニカシステム」と呼んでいます。

※元ネタを知らない人は

 ハンターハンターの29~32巻を読んでください

 

だから自主管理がいい

私の賃貸経営におけるポリシーは

自分がされて嫌なことを他人にするな」です。

 

鍵を変えるなら、ホームセンターで4780円です。

火災保険はお願いしますが、年間4000円です。

業者のハウスクリーングとかは要求しないので

その代わり自分でちゃんと掃除してください。

そして、保証人も取り立て屋も要求しません。

 

お願いをしなければ、おねだりをされることもなく

誰も損することがありません。