こんにちは

 

サーファー母さんです!

 

海、サイコォ〜〜( ´ ▽ ` )♪
な季節になってまいりました〜

今はぼちぼち経営安定化で
やるべきことを粛々と進めております。
何をしているか?

それはまだ現在進行中のため
いうことはできません。

解禁になればシェアしていきたいと思っています。
デリケートな問題なのでご了承くださいね。

 

今日は最近本当によく聞くことなので
気をつけて欲しいな、と思い書くことにしました。

 

もう5月も終わろうとしています
4月、5月GWまでは動きがある業界ですがー

流石に
この時期は通常閑散期、と言われ
入居者が決まりにくい、とされる時期

中には動いても無駄なんじゃない?
と諦めたり、めげそうになっていませんか?

大家業って一人だし、
自分の心境はその物件を持っている人にしか
わかり得ないこと。

確かにそうなのです。

だからと言って空室は
そのままにしておきたくないですよね?

例えば

機会損失
イターいところですが、どのくらいになってますか?

もし50万超えていたら・・・
ハワイいけちゃいますよねぇ?(あ、タイくらいかな〜^ ^)

 


そのくらい
本来入るお金を水に流している、
ということ。

しっかり現実をみましょう。

そこで考えて欲しいことがあります。

通常ですと、この機会損失を意識して

空室対策をして
賃貸経営をしていくと思うのです。

 

しかし、

空室保証がついている物件を持っていたりすると
保証がある間は空室でも家賃分入ってくる、
だからつい、空室があってものんびり構えてしまう。

そして
保証が切れた途端、立ち行かなくなる、ということも。

そうなっては本当になんのための
不動産投資、不動産を買ったのか、
意味わからなくなりますね、

 

大家さんは経営者。
空室スルーはアカンのです。

 

去年の自分に言ってるんですけどね^^;

 

決して
空室保証付き物件がいけない、
とは言っていませんよ。
たとえ保証があったとしても

どんな条件があっても、
実際の空室は何部屋あって、
機会損失額はいくらなのか、
日頃から意識しておきましょう。

 

通帳に振り込まれた家賃を見て、
つい、気が大きくなって
フワ〜っとなってしまうのでね。
あれ?そんなことない??笑

 

やはり現実はみていかないといけません。
楽しいばかりではないのです。

大家業って物件持ってしまえばー、と
思ってやってみたところ、
実際はとんでもなく手間がかかったり、
とても片手間でできるものでなかったりしてませんか?

 

しかしできることなら
手間なく回していけるようになりたいですよね

これからはその方法を知っている大家さんと
知らない大家さんでは
差が出てくるんだろうなぁ、と思っています。

今日も読んでくださりありがとうございます!