現在運営中の物件で最低家賃の物件は2.8万円…最高でも4.8万円…低家賃物件でもトラブルを避ける方法は…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

先月末に将棋大家さんが低家賃の物件で、

入居者さんから受けたトラブルについて書かれておられるコラムを読みまして、

今回は私なりに低家賃家賃物件で感じている事を書こうと思います。

 

私の住む地方のエリアで、築古物件で賃貸経営を試みようとすれば、

新築物件とは違ってどちらかと言うと低家賃の賃貸経営になる事から、

一定の確率で、何らかの問題の有る入居者さんが入居されると感じています。

 

本当ならば出来る限り、

その様な入居者さんを避けたいので、入居申し込み時の書類の段階で、

自分の過去の経験に照らし合わせて、問題が有りそうな方に関しては、

こちら側から賃貸仲介さんにその事を指摘をして、

その疑念が解決した方のみを受け入れる(当然家賃保障会社さんの審査パスも条件に入れています…)事でかなりトラブルが発生する確率を低く抑えていると思います。

 

それでも、問題のある入居者さんはゼロにはなりませんので、

後は自分の大家力を磨いて、

入居者さんへの対応能力を上げるしかないのかな?

と私は感じています。

 

大家業を行うのであれば、

どうしても様々なタイプの入居者さんを受け入れる事になりますし、

大家としての対応力のレベルを上げていく事が大家業の宿命なのかな?

と私は考えています。

 

良い大家さんには、良い入居者さんが集まる?その事を意識して大家業を行うだけで、良いものに転換すると思う…

 

私は、仮に問題のある入居者さんを受け入れる事があったとしても、

大家さん側の姿勢しだいでは、

その問題の有る入居者さんの症状を軽減できる方法はあると考えています。

 

私は、大家さんは時には、

入居者さんにとって心の安らぎや癒やしを与えられる存在になれると考えており、

特にこれからの季節は草取り等の手間隙が掛かりますが、

私はアパート前の植栽に力を入れています。

※これを全ての所有物件で行おうとすると、ずっと続けるのはチョットつらいかも知れないですが…

 

写真の物件は家賃が2.9万円ですが駐車場も満足に無い物件で、

過去には警察沙汰一歩手前の入居者さん同士のトラブルもあった物件です…

この植栽を行う様になってからは同じ入居者さんのままでも、

過去は多く発生した入居者さん同士がいがみ合うトラブルが大幅に減りました…

今は写真のシャスタデイジーの花が満開になっている物件が7棟中3棟有ります…

 

こちらは先回塗装剥がれの話しで取り上げた家賃3.4万円の物件です。

以前この物件に住んでいた入居者さんがこのシャスタデイジーの花を咲かせて、

そのタネを他の物件でも蒔いて広がったものです…

 

でも、これを大家さんが信念を持って行う事で、

入居者さんに対しても何らかの精神面での一定の効果が出ていると私は感じており、

このひと手間を掛ける事で、

低家賃の築古物件でも、

問題の有る入居者さんであっても、

安定した良好な内容の賃貸経営は可能であると思っています。

 

ただし実行できるのは、時間に余裕がある大家さんに限られるかも知れないですが…

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。