熱海のサラリーマン大家ことBIGと申します。

転勤と引越しをキッカケに大家になり憧れの熱海に引越した後の物件購入に至るまでの紆余曲折を記載したいと思います。

前回コラムでは、噂の◯◯スキームに知らないうちに関係してしまったその顛末を赤裸々に語りました。

サラリーマン人生では体験できないギリギリの世界に足を踏み入れた事を実感し、昨日より今日、そして明日に向かって精進することが「メガ大家への近道」だと確信した今日この頃です。

 

先輩大家さんからは「ご心配」と「油断大敵」とのコメントを頂き、改めて感動と感謝を覚えました、有難う御座います。

 

さて、血圧が高くなり過ぎるコラムから少しクールダウンしたお話に移ります。

逃した魚は大きい!

世間でよく聞くフレーズですが、BIGも思う様に行かないこの世界で初めて  『3方良し』と言える物件と出会い、そして『別れ』を経験しました。

ベテラン大家さんであれば多くの出会いと別れが有ったはず。        しんみりした話ですがどうぞ最後までご覧下さい。

 

それは、区分4戸、1棟物3棟を所有し勢いがついていた時。

不動産市況に陰りが射し始め、BIG自身も借入額が上限に近づき次の物件で恐らく『最後』になるだろうと予感。

 

最後の恋?(じゃなかった)物件は心から自分自身が『納得』したい!

漠然ですが、そう思うBIG。

 

過去の3棟の建地はいづれも『縁もゆかり』も無く、三為業者の言われるがままに選択をして来ました。

そう、それは親同士から決められた『許嫁』とお見合いをして、      断れるはずも無く『結婚』に至るパターンのヤツです。(昭和か?)

異論を唱えれば、不動産投資に建地は関係無し、管理はお任せだから手間は無し。まるで「いい人だから一度会ってみなさい、貴方にお似合いよ」と近所の『世話好きなおばちゃん』よろしく、半ば強制的に話が進んで行くのが一般的でしょう。

しかし、既に『バツ3』(完全アウトな物件を取得)の経験を持つBIGとしては、最後の相手(物件)は『自分で決める!』

そう決意したのです。

 

どうせ失敗するのであれば自分で決めた彼女?(じゃなかった)物件と濃厚な  ラブストーリーを成就させたい!と心から誓ったのです。

そしていつも通りお世話になっている楽待さんのアプリを検索

今回のBIGの検索(お見合)条件は以下です。

①古巣の名古屋市内である事(憧れの地下鉄沿線)

       幼少の頃から慣れ親しんだ町

        変わりゆく街並みを実感した故郷です。              

   今やリニアの駅として大都市の仲間入り。

  (地元話しで盛り上がり!)

②RC造のファミリータイプである事

        BIGは母と長きに渡り賃貸で二人暮らし、長期入居に期待が持てます。

   (将来家族が増える事を視野に入れ!)

③角地又は接道に余裕がある事

          車の出入りは勿論、日当りは必須です(洗濯物がよく乾く!)

④駅から徒歩圏より、生活圏である事

           長く暮らす目線では学校、スーパー、銀行などから近い程良い。

   (休日には家族と買い物も!)

⑤最後は運用が回る事(本音では利回り12%以上)

            融資の問題は有りますが、手の入れ方次第では大きく改善する

    『伸び代』が有る事

   (最初は片目を瞑ってとよく言われた記憶あり)

言い出せばキリが有りませんがこの5点は譲れない条件です。

ズバリ3為業者(お仲人さん)から見捨てられるパターンのヤツです。

言う通りの物件を購入しなければ

投資家失格、マインドセット不足、目的と手段が混同している!」

などと一蹴されるでしょう。

 

それでも自分が納得したい一心で検索を続けるBIG

 

「こっこ、これだ」

 

3日間掛けて多数の不動産投資向けサイトを読み漁った結果、漸くたどり着いた「いとしい人」

5つの条件を見事にクリアした「いとしい人」は昔住み慣れた隣町

間髪入れず、掲載業者へ『荷電』

 

「直ぐにでも、買付証明を出したいので関係資料送ってください、

因みに小生は何番手ですか?」BIG

「うちは融資条件優先なので」業者

 

おー。冷やかしはご無用、結納金を準備してから とお仲人さん

 

急ぎ、金融機関に持ち込み結納金の準備に奔走。

 

3日後に回答されるも、想定を大きく下回る状況。

この『いとしい人』を逃したら一生後悔するとばかりにお仲人さんにご相談

結納金減額の交渉を親御さんに依頼

 

「この子の事は親御さんから全て任されているので大丈夫です!」仲人

「ありがとうございます、これで念願が叶います」BIG

「ところで未だお話していない事が、、、」仲人

「実はこの子は脛に傷を持っていまして、、、、」仲人

 

確かに希望の全てを兼ね備えた「いとしい人」きっと過去には       人に言えない苦労が有ったに違いない。

 

「それは、、、?」BIG

「若気の至りってヤツで、火遊びが原因で火傷を負って、、、、」仲人

 

当時の画像を送ってもらい確認

2DKの一室がマサに「丸焦げ」

しかも未だに原状回復せず放置プレイ

多少のショックはあるものの、この『いとしい人』を手に入れたい気持ちに

『一点の曇無し!!』

 

全て折込済みとして「契約締結」

一日も早く「いとしい人」を受け入れ、心の傷を癒してあげたい。

 

逸る気持ちを抑え、金融機関と結納金の契約を迎えるのですが        ここで問題発生。

 

「恋愛も物件もご縁なんですよね」

 

数日の間、仲人が音信不通、連絡が取れません。

漸く連絡が取れるも「親御さんが白紙に戻したいと言っています」仲人

「え〜⁉︎」BIG

 

ここまで来て白紙ってどう言う事?

全て任されているって言ってたじゃん!(心の声)

 

理由を聞けば、そもそも「いとしい人」には親族が多く全員の承諾を得ずに身売りの話を進めた様です。

 

欲の皮が突張った親族からは                      「結納金が安すぎる!うちの子はもっと高く売れるはず」と一点張りで    交渉が進まなかったようです。

 

更には大手不動産会社に査定を受け「30%UP」で売りに出されることに。

値上げされた価格では太刀打ち出来ず「断念」

金融機関にお詫びを入れ、仲人にはこれ以上言っても無理と判断。

契約締結後なので解約違約金を申し入れる事も出来ましたが、ひょっとしたら 可能性が残っているかもしれないとの未練から一歩引いて様子を見守る事にしました。

 

恋愛も物件購入も「ご縁」だと言う方がおられますが、実感する事になりました。

今回は大事な「ご縁」が無かった様です。

 

あれから1年以上が経過していますが、その後の「いとしい人」の噂     (未だ身請けされていない)を耳にする度に心が騒ぐBIGなのです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

次回のコラムは傷心のBIGに救世主が登場します。

起死回生の一手とは?

 

これからの今を勝ち抜くには◯の物件

 

是非ご覧ください。