投資利回り30%築16年軽鉄ファミリーアパートと投資利回り20%築18年木造ファミリーアパートでの比較の話…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

今回は先日、ロジカル大家さんが取り上げられていた、

良い高利回り物件と悪い高利回り物件の話しをもとに、

私が現在所有している物件を実例に挙げて書きたいと思います(ロジカル大家さん勝手にネタを拝借してスミマセン)。

 

私には現在、(物件購入時に)築16年の軽量鉄骨ファミリーアパートと、

同じく築18年の木造ファミリーアパートがそれぞれ1棟ずつあり、

軽鉄ファミリーの方は6世帯なのに駐車場が1台分しか無くて投資利回りは30%の物件で(残りの5世帯分の駐車場は物件の近隣にて一応手当て出来ています…)、

木造ファミリーの方は4世帯で駐車場が建物敷地内に4台(これも地方の標準から考えると2台分程度不足)で投資利回りは20%の物件となっています。

 

どちらもビミョーなスペック(難有り物件なので、他の投資家さんなら見送る可能性が高いかも…)ではありますが、

さすがに駐車場が1台だけしか敷地内に確保出来ない状態の物件とは言えど、

(現時点では満室稼動が出来ていて)投資利回りが30%にもなると、

これはこれで魅力的な物件ではあります(物件を取得してから今年で10年目を迎え、投資した資金が3回転目を終了する予定です…)。

 

先回も花の話しで取り上げた物件です…

 

また、もう片方の駐車場が1世帯当り1台分しか無い投資利回り20%の物件も、

近隣で駐車場の手当てが出来ている事もあって、

特に大きな問題もなく物件は満室で稼動しており、

こちらも投資した資金は全額回収し終えています。

 

物件入手後に入口周辺をきれいにする事で満室稼動する事が出来たという話で、

過去に取り上げた事がある物件です…

 

駐車場が若干難有りの投資利回りが20%の物件でも、

(満室で稼動させる為の)物件の運営に特に苦労が無ければ、

十分に魅力的な利回りの物件ですし、

私はこの物件を入手できて有り難かったと感じています。

※この物件をスタートに現在は法人では29世帯を運営しています…

 

地方では築古のガラボロ物件を格安で入手しようとすれば、

(現在私が所有する様な)問題点がある物件であっても、

その物件の難点を克服する事が可能であれば、

積極的に入手していっても良いのかな?

と私は感じています。

 

ただし、出来る限り物件に近いエリアに住んでいて、

トラブル発生時の対処が容易な大家さんである事も、

物件を満室稼動させる為には必要で重要な事かも知れません。

※実際にこれまでも様々な種類のトラブルに遭遇する事が多いので…

 

そして賃貸経営は単に採算面の数字だけではなく、

実際の運営には入居者さんと顔を合わせて、

大家さん自身が対応するソフト面の比重も一定割合存在する事から、

ロジカルな思考の面と、ヒューマニティー溢れる人情面の複合あわせ技で、

投資利回り20%の経営が成り立っている事を考えながら行う必要があります。

 

今後賃貸経営の拡大を考えている読者さんの参考になればと思い、

私の考えを書きました。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。