不動産投資は儲かる。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

前回のコラムでは、『不動産投資は時が経つにつれて、どんどん儲かる!』という内容でお伝えしました。これは正直な実感です。持たざる者が逆転するには、不動産投資は最適解だとも思います。

 

そんなに儲かるなら、なんで皆がやらないのか?

そんなに儲かるなら、不動産業者が情報を持ってくるわけがない。

 

でも、こんな疑問もわきますよね。よく巷でみかける疑問です。不動産投資詐欺などのニュースがあるとコメント欄などに必ず書き込まれる言葉ですw

 

 

これには、いろいろな回答の仕方があります。

まず、『絶対に儲かるわけではない』という点です。投資ですから当然のことですね。儲かることもあれば、失敗することもあります。そして、不動作投資では失敗した時のインパクトが大きいのが特徴です。もちろん、投資手法にもよりますが株などと違って人生が変わるほどの失敗もよくあることです。リスクを取るからリターンも大きいということであり、無くなっても良い余裕資金でやるような投資とは大きく違います。

 

次に、『最初のハードルが高い』という点です。私も、不動産投資がしたいと言ってくる友人と何度も会いました。最近はブームになったこともあり、みんなが興味を持っているんですね。ただ、不動産投資に興味を持つ方というのは楽してお金儲けをしたいという動機のケースが多いです。でも、不動産投資の実態は厳しいものです。確かに、大きな額の利益を狙えます。そして、その利益の額と比べれば労力の割合は低いのかもしれません。(同じ金額を)普通に働いて得るよりは楽だとも言える側面もあります。でも、決して楽にお金儲けができるとは言えません。

しかも、投資初期に限って言えば苦労の連続です。むしろ、働いてお金を得るほうが効率が良い時期です。最初は、苦労をしても報われません。後になって大きな果実が実ることを夢見て、最初は大きな苦労を続けるのが不動産投資です。だから、楽してお金儲けをしたいのが動機だと、、、だいたい、途中で嫌になって挫折します。

 

 

だから、もっと効率よく稼ぎ続ける手段がある方には興味のない投資なのでしょう。それがストックビジネスの特徴なんだと思います。逆に、仕組みを作ってしまえば楽に稼ぐことができる状態に意味を求める方には不動産投資が合っています。

『儲ける』のではなく、『儲かる』ほうが楽です。この状態を目指すために、最初に苦労をするのが不動産投資の実態です。そして、このことを喫茶店で話すと、だいたいが興味を失って『じゃー、また』となります(笑)

 

 

ちゃんと話すと、だいたいはこうなるんですよね。でも、セミナーなどで集客して嵌め込む場合は、良いことばかりを言って煙に巻くのです。良い数字ばかりを話して不動産投資をやりたくさせることも簡単です。実際に儲かりますし、良い部分もいっぱいあるから私もやっているのです。ただ、みんながやらないのには、それなりの訳もあるということですね。

 

以上、みんながやらない理由を個人的に考察してみました。今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。