後日

仲介業者さんから連絡がありました

「ご苦労様です。
先程、転貸の件を売主さんの妹(同居している)に話しました。今度 詳しく話しに行きます。」

 

話の内容よりも

その場しのぎの対応ではなく

きちんと売り主様に話をしてくれたことに

胸をなでおろし

「お世話になります。売り主様へのご対応ありがとうございます。
此方も先週に引き続き金融機関への訪問を行なっています。
結果は随時報告致します。」

 

平日は仲介業者さんから頂いた

直近の成約事例が明記された資料を

自作の事業計画書に追加して

金融機関に訪問

進捗状況を3日に1回くらいの頻度で連絡しています

 

 

覚悟はしていましたが

自己資金や実績もなく

これから不動産賃貸経営をはじめたい人間に

金融機関の対応は厳しいものがあり

 

 

住宅ローンを組んでいるメガバンク(四井住友銀行)

※住宅ローンを組んでいる顧客に対して300万円まで融資可能と謳っています

100万円なら融資可能ですが如何でしょうかと

 

 

近所の葛西駅、西葛西駅付近にある

地方銀行や信用金庫を調べて訪問

購入したばかり自宅は担保としての価値は無いに等しく

これから購入する物件を担保とする融資を希望するも

自身の力不足からか

良い返事を頂くことは叶わず

 

「お世話になります。
某東京ベイ信用金庫さんから200万円なら融資可能と回答がありました。
希望の金額ではないので、引き続き金融機関を訪問します。
取り急ぎご報告までに。」

無担保のカードローンを

数社から借りることも考えましたが

先を見据えた場合に

今を乗り切っても

先の見通しが立たないかと

躊躇してしまい

 

クラウドファンディングも申し込み

スタッフとヒアリングを

内容にもよりますが

資金調達まで最短でも1〜2ヶ月

プランニングやリターンの設定、手数料のパーセンテージetc

時間をかけて取り組むべき方法かと

 

 

色々と悩んでいると

 

 

仲介業者さんから連絡がありました

「こんにちは。
さきほど売主さん宅に行き、賃貸からの売買契約の説明をしに行ってきました。賃貸については毎月3万円の賃料で承諾を得られました。」

 

続く