こんにちは!
外資系コンサルタント出身、現役経営コンサルタントの「勢い大家さん」です。

週末企画として、先週1週間分の記事をまるっと復習したいと思います。

復習と言っていますが、コラムの内容の補足などをしていきます。
これ、毎週の企画にする予定です。

今回は、先週までの記事がまだ溜まっていないので、これまでのコラム(今週の月曜日分まで)で復習したいと思います。

これまでの記事をざざっと復習

コラム再開から始まり、管理会社変更、そしてかなり細かい消防設備点検のお話がこれまでの流れでした。ばっくりざざっと復習します。

コラム再開と4年間の不動産運用事件

「築古あるある」的な内容ばかりですが、夜逃げ・滞納への対応は絶賛対応中ということもあって、これから大いに期待してください。

管理会社変更の検討は「信頼」に依存

やっぱり人と人とのつながりは大切です。管理会社さんだけでなく、大家さん側もちゃんとやるべきことはやりましょう

管理会社変更は気をつけることが2つある

「管理移管手数料」と「家賃保証の継続可不可」はちゃんと確認しましょう。

べらぼうな金額を要求する契約は要注意です。家賃保証が継続できないということがあるので、要チェックです。

消防設備点検のお値段は結構まちまち

ひどいものだと2〜3倍も値段が変わってきます。価格と対応をちゃんと確認して、妥当な業者さんにお願いしましょう

個人的には、「管理会社変更で家賃保証が継続できなかった」は結構痛手になりました。この流れが滞納対応につながっていくのですが、現在なぜか「倍返し」を食らっています。「倍」というレベルじゃないような・・・

いただいたコメントに回答や補足します

コラムにコメントをいくつかいただいておりますが、いくつか選んで回答や補足します。

「管理移管手数料があるんですね・・・」とコメントをいただきました。

はい、あります!

移管の作業等でそれなりの対応を管理会社の方に行っていただくので、べらぼうに高くなければ、気持ちよくお支払いすることを強くオススメします。

管理移管するときに入居者さんに同意書を頂戴するのですが、その対応などもこの費用の中に含まれてきます。
人工を考えると、規模にもよりますが、5万円くらいまでが妥当だと思います

「管理会社変更のときにペナルティや縛りはあるの?」

ペナルティーや縛りは管理会社によると思います。

私の場合は、うろ覚えですが、「半年間は管理継続してね」という縛りはあったように思います。ただ、これも無茶苦茶なことがなければ、気持ちよく引き受けましょう

「消防法で、消防設備点検は年2回実施が必須で、報告は3年に1回が最低では?」とコメントいただきました。

はい、その通りです!

記載が漏れていた部分がありました。総合点検は年1回、設備点検も年1回で、この2つは消防法上必須です。点検の間は半年というのがルールです。

また、1,000平方メートル未満の共同住宅は3年に1回点検内容を消防署に報告する義務があります。これは業者さんに代行してやってもらっていて、年1回は報告してもらっています。その意味で年1回と言っておりました。

ということで、今週もありがとうございました。来週もまたよろしくお願いいたします。