金融庁の報告書。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

なんだか最近のニュースで騒がれている老後の2千万円不足問題ですが、皆さんはどう感じたでしょうか?

私は、ちょっと天邪鬼なところがあるので・・・、ニュースのコメンテーターや野党の批判を斜めから見ちゃいます。

『100年安心と言ったじゃないか!』

『まずは国民に謝るべきだ』

『簡単に2千万円なんて金額を言っても無理だ』

『これでは年金詐欺だ!』

『これまで掛けてきた年金をどうしてくれるんだ!』

 

なんて言葉が聞こえてきます。まぁ、井戸端会議で一般人が議論している分には何を言ってもいいのですが、、、テレビで聞くと、『なんだかな~』と思ってしまいます。

 

そもそも、この報告書は老後にかかる金額の平均値をとって30年をかけただけのものです。

65歳、妻60歳で定年を迎えたときに、年金からの収入が21万円くらいで、生活にともなう支出が26万円強ということです。この結果から、毎月の赤字額が55000円です。仮に95歳までの30年間を生きたとしたら、

55000円×12か月×30年=約2000万円

ということになるだけのことです。

 

年金の収入や生活費は平均値です。だから、一概にこの通りになるとは言えないのに不安をあおるなんて・・・という議論はあるかもしれません。でも、一方で将来の不安を事前に伝えてくれる価値ある言葉だとも言えるのではないでしょうか?

私も大切な人には『将来の年金はあてにならない可能性もあるから、今から自己防衛をする必要性がある』と伝えることもあります。それと似たような意味を持つ言葉だと思います。(当然、金融庁の意図はそこにはありませんが)

 

損してないし。

それに、損はしていないのです。

この計算している世代の方は30年の間でもらった額はいくらになるのでしょうか?

21万円×12か月×30年間=約7500万円

となります。

 

一方で、サラリーマンの生涯年収は2億数千万円と言われますが、その中から支払った年金の額はいくらでしょうか?ざっくりと計算しても2000万円程度ではないかと思います。厚生年金なら会社が同じ額を支払ってくれている部分もありますが、それを入れたとしても損はしていません。平均寿命まで生きたとしたら損はしないどころか大幅にプラスです。悪くない結果と言えます。

掛けた金額以上に支払われる試算結果を見て、『年金詐欺だ!』と騒いでいるのを見ると、、、なんだか不思議な気持ちになります。100年安心と言われたのがダメになったからといっても騒ぎすぎな気がします。

 

むしろ、私たちの年代になったら・・・、掛けた金額が戻ってこない仕組みになっていることは覚悟しています。こんな試算結果なら良いじゃないですか。

仕組みを設計した時点での想定からすれば、大幅な想定外で寿命が延びてしまったわけです。それを思えば、年金制度がそのうち破綻するのは仕方がありません。問題なのは、その仕組みを放置してそのまま使用し続けていることのほうだと思いますけど、、、それは議題が違うので置いておきます(笑)

 

もっと酷いことになる。

今後の世代では、『老後資金が2千万円不足する』なんてレベルでは済まなくなることでしょう。これは、あくまで直近の話です。今後はどんどん悪くなります。超高齢化社会が目の前ですから。そして、その中で私の世代は老人になるのです。

当然ながら、社会保障費の仕組みが成り立つわけもなく、、、結局は自己防衛するしかないというのが結論だと思います。

 

そして、だからこそ不動産投資をやっているのです。若いうちからコツコツと収入の柱を積み上げて準備しておくことが将来への備えとなります。将来が不安だからこそ、今を頑張れば良いと思います。

 

私の不動産投資の目的は安全を積み上げることです。不安症なので、そういう投資手法となっています。そんな中で見ると、今回の金融庁の報告書は『よく言ったじゃん!』という感じでもあります。

気付いてなかったり、気づいているけど見ないふりをしてきた方も気づくきっかけになるかもしれませんから。

 

この報告書の中でも、自己防衛の手段として投資を勧めていたそうですね。私は、不動産投資をおススメしたいと思います(笑)

 

ただし、あくまでも投資ですから損をしたらおしまいです・・・。そこは自己責任ですけど。(私は責任取れません)

 

ただ、、、漠然とサラリーマンをしていたら老後まで安全な時代だったのは昔の話です。そこを突きつけたからこそ、それが正解だからこそ、ここまで話題になっているのでしょう。そこで、どう動くかは自分次第ですね。

 

以上、時事問題からの勝手な個人意見でした。今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。