こんにちは。

ベトナム大家です。

 

国会では、年金だけでは老後を暮らせないことで

野党が、まるで己が被害者であるかのように

与党を責め立てる姿が報道されていますが

私に言わせれば、野党も与党も「共犯」です。

 

相互扶助だとか建前はどうでもいいので

投資と見て、年金の利回りを計算してみました。

 

出してもらえるという錯誤

厚生年金の掛け金は18%で、労使折半にすると9%ですが

これ、本当に9%で計算しても大丈夫でしょうか?

何もないところからお金が湧き出るわけではないので

会社が負担する分、基本給が下げられています。

(フリーランスの手取りとか考えてみてください)

とどのつまり、本人負担18%ということと同じです。

 

現役期間に、平均で月4万円控除されているとすると

かける480か月で、掛け金は1920万円

65歳から、月20万円が受け取れるとして年240万円

8年でモトが取れると言われています。

 

しかし、実際には労使分ともに自己負担と同じなので

倍で8万円、かける480か月で掛け金は3840万円です。

16年かけないとモトは取れないことになります。

 

45年先まで家賃発生しない

ここで、不動産投資を引き合いに出してみます。

2400万円のアパートを、年利2.5%の元利均等で

40年ローンを組んだとすると、月々8万円

総額で3800万円ほどの支払いになります。

 

■ ハイツ・ジコセキニン(2400万円)

支出

 月8万円×480回

収入

 購入直後から月20万円

※自分が死んだあとも遺産として相続できる

 

■ ハイツ・コウセイネンキン

支出

 月8万円×480回

収入

 購入45年後から月20万円

※自分が死んだら権利は即消滅

 

まるで、購入後45年間家賃が発生しない物件を

強制的に買わされるのと同じ効果ということになり

この機会損失はざっと1億800万円にのぼります。

 

まとめると、

年金が足りないから自分で2000万貯めてください

と言っておきながら、その投資のタネ銭を奪い

1億稼げるチャンスを奪っているということです。