こんにちは、「にわか脱サラ大家」です。前回コラム「大家の自宅(購入編)」で取得した区分マンションの「セルフリフォームのありさま」についてご紹介します。

脱サラするので、「DIY本格的にやってみっか。その前に、自宅で試すか。」という思いでやってみました。原状渡しの購入物件が2700万円、同じ間取りの隣のフルリフォーム済が2880万円である程度使っていい状況でしたが、「できるだけ安く」と思って取り組みました。

トイレ

【ビフォア】

前の住民がトイレでタバコを吸う方でしたので、ヤニ汚れがひどい状況でした。

【アフター】

水性ペンキをクロスの上から塗りました。上と手元の棚はその辺にあった端材で造作しました。塗るだけでも十分ですね。

費用:15千円(ペンキ、塗道具一式)

時間:4時間

和室

【ビフォア】

6畳の畳、押入の「ザ和室」です。

【アフター】

「大正ロマン的なホテルの一室」を目指しました。自分では上手く出来たと思ってますが、どうですかね?

押入の中段はユーチューブを見て自分で外して、オーダーメイドのクローゼットドアを取り付けました。床は前の家で使っていたフローリングカーペットを切ってサイズを合わせて、敷いただけです。

天井はトイレで使った水性ペンキを塗りました。こげ茶の木枠っぽいやつは発泡スチロールを百均のリメイクシートでくるんだものですw。

木の梁っぽいやつは2千円のリメイクシートを貼りました。

費用:63千円(クローゼットドア40千円、フローリングカーペット19千円、リメイクシート類3千円、発泡スチロール1千円)

時間:8時間

本件の感想

やってみると、安く済みましたし、楽しかったんですが、「思ったより、大変だわ!!」と感じました。また、近くで見るとアラがたくさんあります。(養生がいまいちで、塗装がはみ出ていたり・・・)「やっぱり、職人さんは(osomatsuさん、大津さんも)すごいなぁ!!」、「俺には向いてないかも・・・」と感じました。

本件から得られた教訓

「論より証拠」→原状回復やボロ物件再生的な本格的DIYをやるか否かはまだ決めてませんが、依頼する現状回復をチェックをするなどで、大家として「この経験は活きてくる」と思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。