お部屋の見栄えを綺麗にする事で、入居者さんの満足度を向上させて、これからも長くお住まい頂ける?

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

今回も先回に引き続き、

私が物件を取得してから10年を超えるある入居者さんのお部屋の設備の不具合が複数個所で発生して、

その中で私が自分で対応可能だった部分を修繕したお話の続きです。

 

今回の修繕で、入居者さんからは更なるお願いとして、

玄関ドア下の通気口に錆が発生しており、

見栄えが悪いので塗装して欲しい…との依頼があり、

これは、自分で対応可能でしたので、ドアから取り外したものを自宅に持ち帰って塗装する事にしました。

※錆が発生していて見栄えの悪い状態の通気口の写真を取り忘れてしまいました…すみません

 

 

通気口を持ち帰ってから10日ほど経過し、

そろそろオーダーメイドで発注した入居者さんの流し台横のブラインドーが出来上がってくる頃なので、

今回は自宅でドアの通気口の塗装と錆び落とし、塗装作業を行いました。

 

この作業ではまず、通気口の塗装と錆び落とし作業になります。

 

ここでは、作業を容易にする為に電動工具を使用し、

ホームセンター等で販売されているディスクグラインダーに、

※数千円で購入出来ます。 

100均ショップで販売されているディスクペーパーを装着して、

荒い塗装落としと錆び落としを行います。

 

ある程度塗装と錆が落ちたら、今度はナイロンディスクを装着して、

金属の地肌が綺麗に現れるまで磨きます。

 

まず最初に行うのは錆び落としです。

写真には載せませんでしたが、ディスクグラインダーに

写真のディスクペーパーとナイロンディスクを装着して錆び落とししました。

※昨年学生さん向け物件の鉄製玄関照明用のボウルと換気扇カバー、

台所照明カバーの錆び落としに使用した時と同じ道具で今回も作業しました。

 

今回は、通気口の形状が長方形で細長く、

隅の部分までディスクペーパーやナイロンディスクでは磨ききれない場所が何箇所かあり、

スチール製のブラシが円筒形のカップに植え込んである、

カップブラシを電動ドリルの先端に装着して、

隅々まで磨きました。※これは100均ショップでは販売されておらず、ホームセンターさんで購入しました…

 

今までの塗装と錆び落としでは使いませんでしたが、

隅々までキレイに落とすのに今回初めて使用しました。

以前ホームセンターで購入したものです…

 

綺麗に通気口の塗装と錆を落とし終わったら、

塗装をする前に、きれいな布で塗装をする面を拭き掃除します…

 

塗装も錆びもほぼ全て落とした状態です。

この作業だけで1時間程時間が掛かりました…

 

今回の作業時に使用したゴム手袋とマスクです。

 

塗装の前にゴム手袋とマスクを身に付けて、

次に新聞紙等を地面に敷いて、

その上に塗装がしやすい状態で通気口を置きます。

 

塗装は量が多すぎると垂れ易く、

一度に行う事が難しいので、

塗装ムラが発生しない様に万遍なく塗る作業を全部で3回行います。

 

 

 

スプレー缶で2度目の塗装を終えた状態です。

 

 最後の塗装を終えてから1日ほど乾燥させて完成となります。

 

後はブラインドの取り付け時に同時に持参して取り付けを行えば完了です。

 

果たして綺麗に仕上がった通気口が、

入居者さんに本当に喜んで頂けるのか、

その報告はまた次回以降に行う予定です。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。