●´∀`)ノ)) ♪ 皆様、今回もお読み頂きありがとうございます。『楽待アプリ』で物件は買えるのか?現在進行形で購入にむけ奮闘している新シリーズ『地道ingの野望』それでは第74章「不退転の決意」をどうぞ!

「都内ビル1棟」

地道ingが掲げた10年後、最終目的

その取得が目前なのに何故か心、躍らない

何故だろう?

月に10000円増えれば家計に余裕ができる

そんな気持ちで始めた不動産投資は順調

ランチェスター戦略を駆使してここまで僅か2年の期間

サラリー越えの収益は個人的に出来すぎ成果で

5年目標だった1棟物件を1年で手に入れた

今回、最終目標、ラスボス「都内1棟ビル」戦を迎えるも

「何かが違う」

 

物足りない

満足できない

その理由

検討物件

要は

「金さえ借りれれば誰でも買える」

何のサプライズもない

これで、どう他人を納得させるのか?

唸らせるのか

100人いて、100人が成せる事に価値はない

築2年で1億円、築39年で8000万円

その差、2000万円

37年の歳月経過しても資産価値の下落はその程度

その間、様々に恩恵を得れたはずである

千代田区1億円

果たしてその価値、魅力は妥当な価格として反映されているか

投資対象として適正なのか

35年という長きに渡り

返済をするに値する物件なのか?

これが、自身の求めた最終到達点なのか?

答えは

「否」

地道はよく異性と不動産を例にしますが

生涯の伴侶

これを妥協して至上の生涯はおくれないだろう

途中で嫌になったり、投げ出したり

それが赦されるのか?

生涯を賭すに値する投資なのか?

千代田区だから、駅徒歩1分だから

だから、何なのか?

与えられたモノで満足なのか?

「プレタポルテ」でなく「オートクチュール」であるべき

未だ未だ全然追い込みが足りない

真剣さが足りない

こんなシナリオは

SUCCESSストーリーではない

単なるよくある話

金持ち投資家は数いれど

心躍るフラグシップは不在だ

(。・Д・)ゞ じゃ、自身がそうなればいんじゃね?

と、言う事で

自身が納得できる地で

自分好みの建物

つまり

土地買って

٩( ‘ω’ )و 新築ビルを建設します ٩( ‘ω’ )و

これが地道の生きる道

「不退転の決意」

 

✲゚。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:* 次回、第75章「その名はZERO」