不動産投資の基礎知識から実践ノウハウまで
役立つ情報を毎日更新!

収益物件数No.1 不動産投資のことなら国内最大の不動産投資サイト「楽待」

不動産投資
コラム数

No.1

掲載コラム数

25,773

【実践大家コラム】5月の収支公開。キャッシュフロー少なめな月度です。

今月も大きな出費がある月でしたから。

本コラムは、実践大家コラムニストが執筆したコラムです。
文章、写真、画像、イラストおよびデータ等、執筆者の責任において作成されています。

月間の収支。

毎月お伝えしている月間収支です。5月度はどうだったでしょうか?先月度の成績発表です。収支・経費率などの数字を見ていきます。

 

5月の成績表。

5月の成績を振り返ってみることにします。

まずは数字を見ていきましょう。
全7棟の収支です。

 

■前提条件

・中古木造ばかりで、単身者用ばかりの65戸(7棟)
・全7棟の借金は終わって、無借金状態です

融資返済が無い分だけ、経費と利益などの運営状況が分かりやすいと思います。ダイレクトに収支などが分かるので。

 

 

■5月の収支データ

賃料収入:2,611,000円
     (先月比 97.8%)

支払金額:1,022,960円
     (先月比 53.6%)

キャッシュフロー(単月):1,588,040円
     (先月比 208.2%)

キャッシュフロー(年度累計):7,984,286円

 

 

となりました。

 

5月のキャッシュフローは159万円となっています。

先月に引き続きイレギュラーな収支です。先月は大規模修繕費用でしたが、5月度は固定資産税の影響で経費が上昇しています。そのおかげで支払額は102万円です。単純に割り算すると経費率は39.2%となります。

(減価償却費も入っていないし、その他、いろいろと厳密には違いますが)

 

固定資産税の支払は6棟分でした。全7棟のうち6棟が5月度の計上で、合計金額は589,500円です。この影響を除くと経費率16.6%になります。

 

入居状況。

1ケ月間ずっと無風状態でした。こんな風だと大家も楽で良いですね。満室だとやることが少ないです。

現時点では、全65戸が満室で入居率100%となっています。

 

固定資産税。

固定資産税は分納することもできますが、私の場合は一括で支払っています。なので5月度に支払った金額の589,500円は6棟の1年分となります。東京の1棟分は6月に計上となるので、今回は埼玉の6棟分です。

埼玉の6棟分だけなら年間家賃収入2100万円くらいです。これに対して固定資産税が589,500円ですから、その割合は2.8%となります。

 

中古木造アパートだと、だいたい2%台の経費が固定資産税としてもっていかれることになります。木造だと低めですね。他の構造よりはインパクトは少ないかもしれません。それでも高いけど・・・。まぁ、不動産投資をしている以上は『利益を出しているのだから仕方がない』と思って諦めるしかないですね。

 

年間の経費率が20%くらいであることを考えると、経費の1割以上を固定資産税が占めることになります。この支払いが5月、6月ごろに集中するので慣れないうちは資金繰りに気を付けましょう。(分納もできますが)

 

今後の予定。

6月度のイレギュラーな支出は固定資産税1棟分だけの予定です(たぶん20万円台くらい)。それくらいなら、なんとかキャッシュフロー200万円はいくでしょう。そして、7月度以降はイレギュラーはなく、稼ぐだけの期間になりますから累計キャッシュフローをどんどん積み上げていきたいと思います!

年間累計でキャッシュフロー2000万円は超えたいところですね。今年は大規模修繕をしちゃいましたからギリギリです。

 

 

以上、5月の収支を振り返ってみました。
今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

この記事を評価してください

関連記事

楽待会員のみご利用になれます

会員登録(無料) ログインする

コメント {{ comment_count }}

この記事にはまだコメントがありません

ガイドラインをお読みになった上で
あなたの意見や感想を投稿してください

PR

ページ上部に戻る