自分の物件取得エリアが、一筆書きの様に物件を巡って回る事が可能な事に注目…関東の中仙道沿線沿いを物色?

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

今度物件の取得を目指している23区内の物件は、

実は、お江戸日本橋を起点とした昔の中仙道に近いエリアに位置しています。

 

理由は色々あるのですが、私が現在住んでいるエリアから首都圏まで車や電車で移動していると、

これらの地域はほぼ間違いなく通る沿線沿いに現在所有している物件も位置しており、

物件前を通る頻度も高くなるし、何かと便利でもあるので、

物件を自主管理する上でも目が届き易くて理にかなっており、

大家としても(物件を所有していても)精神的に落ち着くと感じています。

 

そして先日は、たまたまその中仙道沿いをたどって、

埼玉県の県庁所在地エリアまでさかのぼり、

その沿線の都市周辺を車で巡回して来ました。

 

趣味と実益を兼ねたリサイクルショップ廻りで気付く、地域の様子と経済状況…

 

先月のゴールデンウィーク前後より、

今後賃貸経営をする上で将来的に魅力の有りそうな地域を発掘する作業と、

(趣味と実益を兼ねた?)妻のストレス発散目的(今回、妻が温存していた大切な資金の大半を使うので、精神的なストレスが発生…)の買い物を兼ねて、

自宅から100キロ圏内までのリサイクルショップ廻りを敢行していました。

 

さすがに、田舎の同じ地域のお店廻りでは飽きてしまい、

今月からはいよいよ埼玉県内の中仙道沿線(お店が多く集中している埼玉県南部が中心となります)を廻り始めました。

 

そのリサイクルショップ周辺に住んでいる住人の方の経済状態やブランド品に関する認知度合いが違うからなのか、

田舎のエリアとは違って、良質な物が時々安価に販売されている事があって、

妻にとっては宝探し的な楽しさがある様です。

 

 

そして興味深いのは、そのお店に並ぶ商品の状況から、

その地域の戸建ての外観等の様子にも通じる部分があって、

もしも、賃貸需要がそこそこある割には、

安価に良質な物件を入手できる余地が有るのであれば、

今後は点と点を結ぶ拠点の一つとして検討する価値があるかも知れないと思ったのでした(現地に住む方にとっては実際には違うのかもしれないですが…)。

 

蛇足ですが、私の妻に言わせると、私の前世はたぶん飛脚で、

江戸からの道をひたすら走り回っていた影響で、

中仙道などの街道を(現在でも)走るのが好きなのに違い無い…

という説を唱えておりました…

もしもそれが仕事であっても、もともと自分の好きで興味のある事なら、

どうせなら極めた方が良いのかな?と思って続けてみようと考えています。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。