ピーク越えしたハズの居住用の区分の価格が未だに上昇している?小規模な現金買い可能な物件に人気が集中…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

私は1物件だけでは有りますが、区分ファミリー物件を現在も所有しています。

 

無料動画サイトでホームインスペクターとしても有名なある不動産コンサルタントさん曰く、

”駅前から遠く、不便な立地の需要の弱い郊外のマンションは売り”

との事で、私も現在の所有物件が、地方の物件であるだけに、

楽待さんから週2回送られてくるメルマガの、

(読者の皆さんが登録されているエリアでの)人気の収益物件ランキングTOP10を毎回チェックして、

自分の所有物件の近隣のよく似たスペックの売り物件の価格動向を出来るだけチェックしています。

そうする事で、リアルな登録地域の物件の人気状況を把握出来て、

しかも、自分から物件を探さずとも定点観測が容易なので、

物件価格の推移を大雑把ですが把握する事が可能になります。

 

そして、その人気の収益物件ランキングTOP10から、

自分が区分ファミリーマンションを所有している地域では、

全体的に物件価格が僅かではありますが上昇している事に気付いたのでした。

 

昨年対比でも2~3%程度、売り出し価格そのものが若干上昇している…

 

実は、現在私が物件を所有している区分ファミリーは、

今年楽待のサイト上で同じ建物内の別の世帯で売り物件が1件出た事があり、

過去最高値であったにも関わらず、1ヶ月程度でその物件は売れてしまい、

その後も近隣にある、ほぼ同スペックの物件が2~3件ほど同じ価格で売りに出ましたが、

やはりこちらも半月ほどで売れてしまい、

私が想像している以上に需要が旺盛で、

売買が盛んに行われている事がわかったのでした。

 

※イメージ的にはこんな感じの間取りの区分ファミリー物件です…

 

なぜここ最近、直近では最も価格が高い状況なのに、区分ファミリー物件が売れているのか?

 

昨年も一昨年も、私が物件を所有しているエリアの区分ファミリー物件は一定の人気を維持していました。

 

ただし、その時よりも今の方が僅かですが物件価格が高値で取引されている理由…

 

それは、もともとこの地域の中古の戸建て物件価格が割りと高く、

北関東エリア(北関東エリアの皆様ごめんなさい)やその他の地方に住む不動産投資家さんが、

ブログやコラムに掲載しているレベルの100万円以下の戸建てはおろか、

200~300万円以下の物件に出会える可能性も低く、

同じ価格帯で売り出される区分ファミリー物件に対して、

購入後は賃貸収入が見込める上に、

もしも仮に銀行さんからの融資が受けられなかった場合でも、

何とか現金一括買いが可能な方も多いと思われる金額でもある事から、

物件の人気が今でも穏やかに上昇していている事が原因なのでは?

と思ったのでした。

 

S造なのに現在の築年数が30年を越える…今が最高値ならば、そろそろ売り出す事を検討すべきと感じる…

 

一方で現在、私の所有する区分ファミリー物件の築年数は今年で31年目を迎えており、

もう少しでS造物件の耐用年数である34年を越えます。

 

今後は、この物件の銀行さんからの評価額もかなり低くなる事が予想される事から、

それまでに売ってしまった方が、最終的により多くのお金を手元にお金を残せる可能性が高い様な気もします。

 

現在の年間の手残り家賃収入を少しでも増やして、

この物件を売却しても生活に影響を受けない状況に早くなりたい…

そんな思いが心の片隅にあったりもします。

※だからと言って本当に売るかどうかは、まだ決心がつかないのですが…

 

区分ファミリー物件は、私の住む地方であっても立地もそこそこであれば、

家賃収入も比較的安定している事から持ち続ける事に抵抗感を感じないだけに、

悩んでしまいますね…

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。