3点ユニット」(風呂洗面トイレがいっしょになったユニットバス)が人気がない事はよく言われる。大家としての解決法はリフォームで分離させることだが、費用対効果を考えるとできない。(家賃2万円アップできるなら別でしょうが)3点ユニット」が嫌われる原因は様々だろうが、個人的には「ウォシュレットが取付けできない」ことだ。近頃ホテルではウオッシュレットが3点ユニットでも付くようになったので調べた人も多いはず。でもとても高いのだ。「電源」だけ持ってきたら良いのでなく「湿気対策」も必要で「特殊なウォシュレット」が使われている。

でもあきらめなくてよかったのだ。5千円内での解決法があったのだ。ウチの物件でやってみた。

家のトイレが壊れた

その前に、ウチの家のトイレが壊れた話です。正確にはウォシュレット部分に不具合が出たのだが、便器と一体型なのでウォシュレット部分だけの交換ができないのだ。

最近は「タンクレス便器」がおしゃれで高機能で文化的だと。「お尻を見せたら、自動で便座が開く。」「成果を見させる事なしに、立ち上がると水が流れる。」(あくまで私の理解で正確でない表現です。)

「高価な物」は故障が少ないと言う事はなく、むしろ故障も多く、「一体型」は修理費用が高くつくと言われている。

私は文化的生活を下げることにした。

以下、金額だけ正確に書くので参考にしてください。(底値を探るために)         こだわりは「節水型便器」にすることだけ全てシンプル(最低価格)とした。

☆6L節水タイプ便器22,600円(INAX)

ウォシュレット12,580円(Panasonic)

をネットから調べ、送料込みで自宅へ

(写真   商品と交換工事の総合計50,280円となったウチのトイレ)

DIYで取り替え工事も考えたが、うまくいかない時、家のトイレなので家族に「今日は我慢して」とも言えないので近所の業者にお願いした。「施主支給」を嫌がる人も多いが、良い業者さんの場合、「見積もりなし」で「空いた時にお願いします」作戦が有効なことがある。前の工事が古く、交換の為の細かい加工が必要になり、「お客さんだとできなかっただろうなぁ」と笑いながら、1時間弱の工事で  15千円だった。超安いと思う。「ウォシュレットはがつけます」と言いながらすぐ横に置いていたら、勝手に付けられてしまっていた。(確信犯か?)

ただ最近は業者さんも処分が困るとの事で「古い便器」は私がハンマーで細く砕き、「割れた茶碗」と一緒に出すことにした。(深い意味はたぶんない。)

タイのウォシュレット

ペンネームのイメージとは逆に「ウォシュレット」が無いととても困る私だ。東南アジアでは「水で洗う文化は日本より古い。タイには、どこでも「ハンドシャワー」があるが、私は上手に使えない。失敗例はいくらでもある。(ホテルだと全裸になることにしている。)

(写真のハンドシャワーの上手い使い方を誰か教えて欲しい。)

しかし今、タイにもウォシュレットが普及しつつある。シェアーNo.1は「トウキョウスッキリ」の商品名だ。初めて見た時は思わずトイレで写真を撮ってしまった。

その利点

電気を使わずに「水圧を利用」して作動させる。完全な「エコ商品」だ。災害時にも使えるじゃないか!進んでいる!しかし、冷静になれば、「便座を温めない」「温水は出ない」(タイでは必要ない。)だから普通名詞で「温水洗浄便座」とも表現しにくい。

再び3点ユニット問題」に戻る

つまり、電気を使わないので日本の「3点ユニット」にも使えるのだ。そしてタイから私が買って持ち帰る必要もなく、すでに日本でもどんどん売り出されていたのだ。(私だけが知らなかっただけ? でも真の「不動産投資家」さんなら(こんなセコイこと)きっと知らないはずなので書く。)

「便座とセット」(日本型)になっているものもあるが、古い便座を利用するものなら4千円程度で買える(2千円台からある)ので取り付けない手は無い。あまりの安さに手が震えるほどだ。ろくな説明書も付いてないのに、初めてでも30分かからない。業者を呼べないほどの容易さで取り付けられるのだ。ユニットバス内に既にある「お湯配管」側に接続させるると「お湯でも洗える」が、しばらく無駄水を流す必要があるので、私は「水配管」側だけに接続した。(日本の寒い冬はどんな感じかな?)

(写真は「水」しか繋がなかった私の場合。混合栓の後につなぐと「お湯」も出るが。便座も古いものを利用する安いタイプ)

どの程度の耐久性があるのか知らんが、1年で壊れても仕方がないかと。

(えーっと  使った感想?)

始めは、ちょっと時間がかかり、「じらされる」感じで  後は「強く」「強く」(うっ、何かのプレイか?)

いいえ、「強さ調節」できますし、「ビデ機能」も付いています。

3点ユニットで悩んでいる人、ぜひ付けてみましょう。もしそれで入居者が決まったら、         ちなみに私の物件はまだ決まっていませんがトホホ、、