画像は散歩中の新宿御苑

 

 

まったく困ったもんだ!w

3度目の正直とばかり、とある物件に買い付けを入れるべく、物件の現地確認をして(しかも代表社員の嫁まで現地確認に付き合わせてw)、

「あら、この物件なら、なかなかいいぢゃない、とても生活しやすそうな環境だし、街の感じもいいし、駅からも近いしね」

と、代表社員からも、お墨付きをもらった物件に、書面の買い付けを入れる前に、取り急ぎ、買付の意思を伝えておこうと、
仲介の営業マンにLINEしてみたところ、、、、、

仲介の営業マンから返信あり。

「想定の価格から、買い上がってまして、金融機関の担当者からの融資内諾を受けているという方から、7000万円で買付が入っている状況です、買い上げに対応しますか?」

と、返信あり(^^;

デジャブってるぞ!

ついに、検討物件、3回続けて、買い上げ攻撃を喰らってしまった(^^;

それなりに好条件の検討物件を選定できているということだと、

自分の目利きが間違っていない証拠だと、

自分にポジティブに言い聞かせてみるものの、

こう続けて、上前をはねられるのは面白くない。

6500万円の提示価格でシミュレーションして、これなら、返済比率がどうなるとか、新たな減価償却と、既存の環境との整合確認とか、初期費用として、駐車場関連の改修費用算定だとか、まあ、すべて概算ながら、しっかり計算したうえでの、判断をしたにも関わらず、500万円積み上げて、参戦しますか?

なんて、言われても、ハイがんばりますとなるわきゃないわけでw

(資金回収が1年間長くなるだけなので、実態としては、頑張ってもいいんだけどねw)

今回、検討した物件は、道路付け良しの葛飾区の物件で、土地は218㎡で、

駅歩3分の軽量鉄骨(築27年)、利回りは高くなく、8%ほどであるが、

ほぼ土地値の物件で、路線価の1.2倍の物件価格。

土地の実勢価格以下で購入できるので、出口を確保した物件取得(信用毀損しない物件購入)となり、それが狙いでもある。

買った瞬間に、売ってよし、回してよし(回してよしというには、利回りが微妙だがw)という物件である。

利回りが低い理由は、ゆったりしたファミリー物件だから。

リーマンまさゆきの所有物件は、戸建を除き、単身物件ばかりなので、ファミリー物件も運用してみたかったという思いもありw

しかしながら、やはり、そんな物件は、買い手もつきやすいのだろう。

前回の仲介会社とは違う仲介会社経由の物件なのであるが、またしても、買い上げを喰らってしまった次第(^^;

とはいえ、逆に、考えると、買い上げになるような物件案内が、少しづつ増えてきたということかもしれない。

この流れが継続すると仮定すれば、今後、買える物件(条件の良い物件)が、徐々に、増えていくのではないかとも思われる。

とかく、世の中には、山のように、不動産物件は存在するわけなので、まあね、焦らずに、のんびりと継続探索していこうw

 

と、そんな検討を楽しんでいたら、ググってるうちに、新たな作戦を思いついてしまった(^^;

なんかね、意外とみんなやっているに違いない作戦なので、ばらしちゃうと、、土地で探してみる作戦w

しかしながら、この作戦から収益物件としてのビジネスを成立させるためには、新築するなり、リフォームするなり、業界関係者の協力が不可欠になる。

コラムに書けるレベルになるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

そんな妄想を楽しめてしまうのが、不動産投資の面白いところだなと思いつつ、今回の買い上げ買付断念の件はすっぱり忘れてしまおうw

結局のところ、懲りないリーマンまさゆきは、前向きに検討を継続するのであった(^^;