こんにちは、「にわか脱サラ大家」です。今回は「自分がお世話になっている税理士とそのメリット」についてご紹介します。正直、必死こいて選定したわけではありませんので、あくまで参考としてご覧下さい。

税理士について

税理士と契約して代理申告した場合の税務署からのお尋ねは、先ず税理士に行きます。それゆえ税理士は自分が説明出来ないものは申告しない(依頼者を事前に説得する)ので、同じ経営状況でも、税理士によって申告内容が異なってきます。

従って、税金は税理士によって変わります。

税理士の考え方は大きく2通りあるそうです。「出来るだけ納税志向」「出来るだけ節税志向」の2通りです。前者は税務署上がりの方が多いそうです。

後者の中でも「固め=出来るだけ経費にしない」と「強気=出来るだけ経費にする」の2通りがあります。当然、得意分野で場数が多い場合は「強気」で行けます。

自分は節税を出来るだけ行いたいと思っていましたので「出来るだけ節税志向かつ、不動産に強い税理士」が良いと思っていました。

また、物件が増えて「めんどくさいのは嫌だ」と思っていましたので、法人・個人共に「税理士にお願いしよ。必要経費だ」と思っていました。

法人の税理士

対象物件

5棟35室:保有法人は1つですので、追加購入した物件も含めて法人保有物件の全てです。

どうやって決めた?

法人を設立し「消費税還付」を受けたかったので、「消費税還付 税理士 東京・千葉」でネット検索しました。いくつかありましたが、自宅から近く、ホームページで見て「不動産に詳しいと思った」この税理士のところに、まずは「無料相談」の形で伺いました。

その中で「1物件1法人スキーム」が可能か否か聞いたところ、「法人を増やすと顧問料など経費がその掛かるので、やめといたほうが良いですよ。」と返答がありました。また個人の確定申告についても「うちは高いから、他に頼んだほうが良いですよ。」といわれました。その言葉を聞いて「顧問料が増えたほうが良いのに、依頼主の立場に立ってくれてるな」と感じ、こちらと契約することにしました。

年間コスト

年間約40万円(顧問料月額:24,300円、決済:108,000)

面会頻度

年3回程度:半期毎に締めをやってもらってますので、書類を持って行きがてら訪問します。追加購入物件があった場合は、書類を送付します。

年1回の決済の書類はメールで送られてきたものをチェックして電話で修正をお願いし、修正してきたものを再度チェックして終わりです。→サラリーマン時代に会社経営に携わった経験があるので、決算書類を読み解くことはできます。

メリット

なんといっても、自分にとっては、煩わしい決算をお願いできるのがメリットです。下記写真のようにファイル(イオンで税込100円以下w)に月毎に仕分して渡すだけです。

その他、業務委託の源泉徴収など税務署に報告すべき時期に漏らさず確認してもらえます。→法人を設立すると、期中に申告すべきことが多くなります。正直良くわかっていないので、助かります。

報酬は別途お支払いしましたが、消費税還付も実現してくれました。

個人の税理士

対象物件

2区分2棟計38室

どうやって決めた?

「確定申告 千葉」でネット検索しました。いくつかありましたが、自宅から近くホームページで見て「不動産に詳しいと思った」この税理士のところに伺いました。

お伺いすると「白の長袖Tシャツ・ジーンズで髪の毛にピン止めをつけた若い方」が出てきて「税理士さんなの?カフェの店員みたいだな」と思いました。お話しをすると、こちら側の状況をお話しても親身に聞いてもらえましたし、若いんですが、知識も豊富で経費も出来るだけ計上するように感じました。「若くて頭が柔軟だから一緒に闘ってくれそうだ(笑)」と感じ、お願いすることとしました。

年間コスト

年間約8万円(確定申告代行のみ)

面会頻度

年2回程度:法人と同じく、半期毎に締めをやってもらってますので、書類を持って行きがてら訪問します。

こちらも、年1回の確定申告の書類はメールで送られてきたものをチェックして電話で修正をお願いし、修正してきたものを再度チェックして終わりです。

メリット

法人と同様、煩わしい決算をお願いできるのがメリットです。上記のような写真のファイルを「物件毎に1冊で計2冊」渡すだけです。

また、自宅購入時の確定申告も追加で格安でやってもらえました。

本件の感想

他の方との比較はできていませんが、できる限り節税していただいているので、お願いした税理士さんには満足しています。(自分が入れ込んだ経費は全て申告してくれました。自分は丸投げは嫌なので、自分でも色々考えて・調べてゴリゴリ入れ込んでいます。(ex.何がどこまで経費にできるのか。法人と個人とどちらに経費を振ったほうが節税できるのか。))

最初はめんどくさいので法人も個人も同じ税理士にお願いしたいと思っていましたが、コストの関係で別々の税理士にお願いすることになりました。そのおかげで、二人の税理士の知識・考え方が学べることになりました。結果的に、「より多く知識・考え方が自分のものになる」ので良かったと思っています。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。