こんにちは。サラリーマン大家の脇太です。

 

国内の物件情報を久しく見てなかったのですがここ数ヶ月調べたいことがあり、本気マーケット調査をエリアごとにしていたら、あれよあれよとひと昔前では即売れの物件がいっぱいありましたw

 

これって多分、融資条件のハードルと融資年数の健全化で今までの基準で回る物件も回らない(融資年数がないと厳しい)状態だからサラリーマンの参入は本当に厳しくなっているため一見さんの激減ですよね。。

 

まだ融資出ている金融機関ある

ちゃんと探せばまだ融資出ている金融機関があります。

でも自分で銀行に突撃をしに行かず、周りができないと言っているからきっと無理なんだろうな。って事実確認を疎かにしていると銀行開拓はできないと思います。

 

勿体無い。。。

 

本やセミナーや実践者から学ぶのも良いとは思うのですが、一番は自分で足を運んで事実確認し、自分のステータス(状態)を知り、改善手法を身につけることが最も自分の力になると思います。

 

しかも意外と狙える銀行を発見できることも十分エリアによってはあると思います。

 

正直、銀行の融資評価を積算や収益還元だけであたりを付けていると発見できる銀行も見つからないことがあります。

 

なぜか積算や収益のみ話題になりがちですが、保全率を見ないことには継続して融資を受けることはしんどくなってきますからね。

 

保全率がものを言う金融機関もあるので、1棟目は大目に見てくれる銀行もあります。(今から1棟目なので保全率の毀損を何で担保するのか?の目線は入る)

(これはある意味まだ銀行が歪んでいる証拠ですw)

 

そうすると金利も低い条件の金融機関であれば、今の物件価格だとまずまずの不動産収益を手に入れるのはしやすいかと思います。

 

売主は世知辛い

売主もなんだかんだで物件情報を出していると言うことは売りたいはずなので相手の言っていることを鵜呑みにせず、今の融資情勢を逆手に取り物件交渉を重ねると良い物件を手に入れる可能性は高くなります。

 

1度や2度の交渉決裂を恐れずにトライあるのみです!

 

めちゃパワーかかるの分かりますけど、このめんどくさく失敗すると凹むのを重ねた人だけがお金が残る不動産を獲得できるものだと思いますので、物件が安くなっているのでお得にゲットしていきましょう!

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。