皆様、お元気ですか?

二代目大家かずみです。

私のコラムをお読みいただき、ありがとうございます。

 

確定申告の際、

青色申告

を利用されている方が多いと思いますが、

こちらも令和2年分の確定申告から、

青色申告特別控除額最高65万円から

最高55万円に引き下がります

ただし!

決算書と申告書をイータックスで送信するか、

電子帳簿保存の承認を受ける

の手段を講じると、最高65万円の控除を受けられます。

なんだか、よく意味のわからない変更ですが、要は電子化を進めたいけれど、

できない人の為に、電子帳簿保存の承認も設定したのでしょうが、

旧態然と手書きの人は、この恩恵にあずかれないのでしょうね。

今の時代のお年寄りと、パソコンが苦手な人は、

ドンドン困る世の中になって行くのかしら?

 

私は、青色申告会に加入しているので、

このお知らせが届きました。

青色申告会は、税金に関し情報提供があり、

相談も受けられる機関なので、オススメします。

2018年12月28日のコラム

「確定申告で困ったら、青色申告会へ」で、

詳しく説明してますので、ご覧くださいね。

 

さて、この青色申告会はイータックスが送信できない場合を

想定して、電子帳簿保存の申請を提出することを勧めています。

以下の書類がその提出書類の書き方見本です。

この書類の他にも2枚 税務署宛て に提出します。

提出期限は、今年の9月30日です。

必須とは思いませんが、

念のために提出しておいてもいいような気がします。

 

今日も、私のコラムをお読みいただき、

ありがとうございました。