こんにちは。NATORIです。

 

 

いま日本の不動産業界は、賃貸契約が

猛烈にブラッシュアップされています。

 

 

勤め人からすると、持ち家であることは

一生涯の誇りのようなものなのにです。

 

 

特にバブル世代の先輩方は、持ち家であることに

強い執着を持っている方がほとんどですし、

 

持ち家でなくて賃貸に住んでいる人に

見下している姿勢を見ることも少なくありません。

 

 

時代の風習ではありますが、一つの企業に

骨を埋める覚悟を持てるかどうかが、

 

一般的な人の充足度の高さの決め手と

なることは間違いないようです。

 

 

とはいえ、

その想いを持って将来に疑問や心配をしないで

仕事をしていられたのは、30年くらい前までですが。

 

 

そうでなくても会社だけにフォーカス

することが難しくなっている世情です。

 

 

それなのに、高い使命感を持って勤め上げた

尊敬すべき心ない先輩方の言葉は、

 

私たち後輩の働く意欲を落としました。

 

 

尊敬している先輩方の言葉なので、

同じ会社に勤めている私たち後輩からすると、とても重要です。

 

 

その言葉は将来を左右するほどのものでした。

 

 

どんな言葉かというと、

 

 

「こんなはずではなかった・・・」

 

です。

 

 

その言葉が出てこないのは、おそらくこんな人だけです。

 

 

●例

 

・上場企業

・在職中は管理職

・年収2,000万クラス

・在職中も自由時間が多い

・仕事は部下任せ

・会社以外にも副収入を構築してた

 

 

という方のみです。

 

 

これ以外のケースであれば、

「こんなはずではなかった」発言が無い先輩は

一人もいないと言い切ってもいいでしょう。

 

 

「そんなことはない!自分は今すごく幸せだ!」

 

 

そう言い切れる人は、もう一度自分の胸に

手を当てて、いま不足しているものを探してみましょう。

 

 

無理に探す必要はないかもしれませんが、

自分で起業するからには、

 

不足しているものを明確にする必要があります。

 

 

ちょっと考えてみれば不足感は必ずあります。

 

 

家族と一緒に過ごす時間、

 

自分がやりたい趣味のためのお金、

 

本当は自宅に設置したい駐車場、

 

 

などなど、

 

不動産投資で収入を増やしていくためには

長期的展望が重要です。

 

 

不動産は、FXや仮想通貨のようにギャンブル的に

突発的に爆上げするようなことはほぼ無いです。

 

 

これから東京オリンピックがありますし

一概にゼロとは言い切れませんが、

 

それでも可能性は限りなく低いです。

 

 

ではどうすることが収入アップへの

近道となるのでしょうか?

 

 

答えは簡単です。

 

 

 

●人が行かない道を選んで進む

 

 

これに限ります。

 

 

正直言ってしまうと、いま不動産投資で

収入を手にすることを選んでいる時点で、

 

あなたは人が行かない道を選んでいる成功者です。

 

 

一昨年、昨年ほどではないですが、

仮想通貨やFXで爆発的に収入を手にして

成金になることを目指す人が普通です。

 

 

人は誰でもギャンブルのような

成り上がりストーリーが大好きです。

 

 

「自分があの人のようになれたらいいな」

 

 

こんな気持を抱きながら毎日を生きていると

言っても過言ではありません。

 

 

だからこそ、いつまでも競馬やパチンコのような

ギャンブルが廃れることはないですし、

 

宝くじで年収以上の収入がポッと出てくるのが

楽しみで仕方ないのです。

 

 

しかし、不動産投資はまず始めに

自分の手元から大きくお金が動きます。

 

 

裏情報を言ってしまえば、手元にそれほど貯蓄が

なくても不動産投資を始めることは可能です。

 

多少規模は小さくなりますが、

不労収入を得ることになりますのでオススメしてます。

 

 

ここでオススメなのがトレンド型賃貸物件です。

 

 

 

●時代が背中を押す賃貸案件

 

 

起業家、フリーランスが増え続けています。

 

 

会社が当てにならない・・・

信じられない・・・

いつか捨てられる・・・

夢も希望もない・・・

 

 

こんな将来への不安から抜けたくて、

若手が自分の道を志すような時代に変わってきています。

 

 

本来の人間としての生き方をし始めていると

私は思いますが、

 

人が人らしく生きようという流れが

日本全体を包んでいます。

 

 

しかし、国の流れとしては、

あくまでも勤め人として企業を支えて欲しい

という流れが未だにあります。

 

 

そのせいか、住宅購入をするときは勤め人でなければ

ローンを組むことはほぼ不可能です。

 

 

では住む家がなくなってしまう!

 

どうしたらいい!?

 

 

こう思うわけです。

 

 

結果として、私が持っているような

賃貸物件に申し込みが殺到します。

 

 

住むところがあり、安心していられる。

環境もよくて家族も守れる。

 

 

こんな安心感を与えられる案件が

いま時代に求められています。

 

 

それを解決するのが、お金さえあれば

持ち家よりも手軽に動ける賃貸です。

 

 

現代はもう、企業人よりも副業をしていたり

起業をしている人の方が圧倒的に収入も多いです。

 

 

しかし、収入が多い。

世間的信頼は低い。

 

 

それを補填するのが賃貸物件です。

 

 

そのためにはまず、世界の情報をもっと知ることです。

 

 

情報を広く深く学ぶことで、

あなたに合った情報を見つけることができ、

 

私はそのお手伝いをしていきます。

 

 

実際、どんな情報を見たり読んだりしていても、

大抵の場合は何かが投資ネタになります。

  

 

そのためにも、まずはどんどん情報を得ていって、

良い情報とそうでない情報を選ぶ基準を身に付けましょう。

 

 

こればかりは経験値を積まないと身につきませんので。

  

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました^^