50代から不動産賃貸業を始めた、

「遅咲きのサラリーマン大家さん」

会計士大家です。こんにちわ。

7月8日(月)第4号物件を決済しました。

取得のきっかけ、経緯を書き記す

シリーズの3回目です。

前回までのあらすじ

6/6(木)
某仲介業者さんのメルマガで
気になる物件情報を発見、
早速資料を請求。

資料を速やかに
地元信用金庫さんにも共有し、
融資ご検討を依頼。

6/8(土)
現地視察、
その場で若干の指し値で
買付証明を入れる。

6/9(日)
某仲介ご担当者さまからメール。
満額の札入れあり、
●●ッ●●銀行に打診中とのこと、
近日中に結論でそう、との
情報共有。

またしても順番負けか、
覚悟を決める。

6/13(木)
地元信用金庫から
まさかの「融資満額OK!」が出て・・・

某仲介ご担当者さまに、でんわ

地元信用金庫さんから

「融資内諾」のご連絡を受けた旨、

早速、某仲介ご担当者さまにでんわした。

この時点で、ワタクシは「3番手」。

1番手・・・満額の札入れ、●●ッ●●銀行に打診中の方

2番手・・・満額、公庫に打診中の方

がいらっしゃっていて、

彼らの進捗具合はいかに、を確認してもらうことに。

仲介担当者の動きも、早かった

でんわして、1時間もしないうちに

ご担当さんから返信でんわ。

1番手が融資打診難航している模様、

2番手は公庫なのでさらに時間を要する、

ついては、満額にて買付証明を入れなおすのなら、

3番手の会計士大家を「1番手」として

話を進めたい、

と先様が申しております、とのこと。

当方に順番が回ってくるのなら

指し値の取消は無論、受け入れます、と返答し、

満額の「買付証明」をメール。

時は6/13(木)よる7時。

資料請求から買付証明入れ、

融資内諾、そして1番手交渉権ゲット。

8日間で、トントン拍子に話が進んだ。

いやぁ~、ビックリ!!!

この日のうちに、

6/22(土)午前に契約締結(手付金支払)

7/01(月)金消契約締結

7/08(月)決済

という予定も組まれた。

(次回へ続く。)