50代から不動産賃貸業を始めた、

「遅咲きのサラリーマン大家さん」

会計士大家です。こんにちわ。

7月8日(月)

第4号物件を決済しました。

取得のきっかけ、経緯を

書き記すシリーズも

4回目になりました。

今回で完結になりそうです。

前回のあらすじ

6/6(木)
某仲介業者さんのメルマガで
気になる物件情報を発見、
早速資料を請求。

資料を速やかに
地元信用金庫さんにも共有

6/8(土)
現地視察、指値で買付けいれるも3番手待機状態に。

6/13(木)
地元信用金庫さん融資満額OK!                                                  ⇒指し値取消して1番交渉権獲得!!

6/22(土)契約締結(手付金支払)

7/01(月)金消契約締結

7/08(月)決済、と予定も組まれる

売買契約のまえに・・・

6月22日(土)AM

さいたま市の買主(会計士大家側)

仲介会社のオフィスにて。

「重要事項説明」、

その他当方からの依頼事項もあったので

約束の時間より30分早めに訪問。

「重要事項説明」の冒頭で、偶然が。

売主側の仲介業者さんが、

会計士大家「第3号物件」(埼玉県深谷市AP)

売主業者(=もと所有者)、

かつ「現」管理委託先の

業者さんだった!

3番手から、早々に逆転できたのは、

地元信用金庫さんから

満額融資OKの内諾

を得ていたから、のみならず、

売主仲介業者さんが

買主(会計士大家)を知っていたから!!!

ということも要因だった(と思われる)。

そして、契約締結。

重要事項説明、その他諸々の事務作業終了後、

売主さん(40前後の男性)と、

売主側仲介業者(第3号物件管理委託先)の

社長氏が、(照れくさそうに)登場。

ごあいさつ、契約書の読み合わせ、

そして手付金のお支払。

30分くらいかかった、かな。

契約締結のあと。

6月28日(水)

地元信用金庫さん本部決裁OK

⇒融資が正式承認される。

登記担当の司法書士について

会計士大家が指名OKと、

信用金庫さんよりご返答をいただき、

お抱え司法書士(30代女子)に

しごとを発注。

7月1日(月)

金消契約締結。

7月8日(月)

融資実行⇒代金決済。

そして、7月11日(木)←←←イマココ。。。

●管理委託先の交代(決定済⇒手続進行中)

●プロパンガス会社の交代(7月15日月祝、依頼予定)

まとめ

以上、4回にわたって、

会計士大家第4号物件取得までの

出来事を振りかえってみました。

物件情報収集、現地視察、

買付証明指値、

金融機関交渉、指値の取消。

そして1番交渉権獲得⇒契約締結まで。

ここまでの出来事には

偶然の巡り合わせもありましたが、

日頃からの

地元信用金庫さん、

既所有物件での業者さんとのお付き合いが

(結果的に)よい方向に働いた部分も

あると思っています。

今回の取引に関わっていただきました

売主さま、

地元信用金庫さん、

売主側、買主側の仲介業者さんほか

関係各位のご尽力に感謝を申し上げ、

第4号物件取得までの振り返りを

締めたいと思います。

ありがとうございます。

今後ともご指導ご鞭撻を

よろしくお願い申し上げます。