テナントさん向け物件は、室内も室外も特殊な?設備が残ってる事が多い?取り外し作業と修繕作業を行いました…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

ここ最近は昨年の今頃同様に、

入居申し込みのあったお部屋のリフォーム作業が続いています。

※専業大家ですので、実際の作業は結構のんびりやっています…

 

今回は入居が決まったテナントさん向け物件の、

天井に穴が開いているジプトーンの石膏ボード取り外し作業と、

入口外側の壁に取り付けられていた電照看板の本体取り外し作業を行いました。

 

昔のテナントさんが天井の石膏ボードに穴を開けたまま、

塞がずに使用していた?様です…

 

1階テナント部分の入口天井近くに昔のお店の電照看板の本体が残っています。

本当は1階通路の塗装時に外したかったのですが、

この時は2階3階の学生さんの入居に合わせたお部屋の仕上げに追われており、

結局、塗装が終わった後での作業となってしまいました…

 

後付の間仕切り壁が設置されていた部分の床には、

アンカーボルトが埋め込まれており、

木製の大型ハンマーで叩いてみましたがビクともしません…

 

今回は、これらの撤去作業を行いました。

 

まず最初に天井部分に貼ってある、ジプトーンの石膏ボードは、

プラスの木ネジで四隅と真ん中、その中間を留めてあり、

そのネジを外すと簡単に外す事が出来ました。

 

ビスが止めてあった場所にはスチール製の骨組みがあり、

ここにネジが貫通する様にすれば、

ジプトーンの天井はきちんと留まります。

 

ここは、以前にも使用した事のある、壊し専用マイナスドライバー?

を使って電照器具と壁の隙間にドライバーの先端を滑り込ませながら、

慎重にこじる様にしながら四隅を少しずつ攻めて外す事が出来ました…

 

今回使った道具です。壁に固定してあるピンを抜くのに、

ペンチも使用しています…

 

床に打ち込んであるアンカーボルトをパイプレンチで回すと、

少しずつアンカーボルトが抜けて来ました…

 

最後はペンチで掴んで引っ張って抜きました…

抜けて良かった…

 

アンカーボルトは、最初は電動のハンドグラインダーで、

切断して断面を平らにすれば良いかな?と考えていただけに、

根元からすっぽ抜けて良かったと思いました。

※電動グラインダーでコンクリートの床の部分も合わせてアンカーボルトを削ると、床がグラインダーの歯で削れて凸凹になってしまう恐れがあります…

 

今日は、半日ほど仕事して作業はこれだけで終わってしまいましたが、

※他にも天井部分から垂れ下がっていたケーブル類の切断作業も行いました…細かな作業が多いので、この作業だけでも、小一時間掛かりました…

次回はジプトーンの天井貼りと、天井部分の塗装作業をアップする予定です。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。