不動産投資の基礎知識から実践ノウハウまで
役立つ情報を毎日更新!

収益物件数No.1 不動産投資のことなら国内最大の不動産投資サイト「楽待」

不動産投資
コラム数

No.1

掲載コラム数

25,770

【実践大家コラム】6月の収支公開。キャッシュフロー200万円いくかと思ったら…

忘れかけていた『あの経費』が!

本コラムは、実践大家コラムニストが執筆したコラムです。
文章、写真、画像、イラストおよびデータ等、執筆者の責任において作成されています。

月間の収支。

毎月お伝えしている月間収支です。6月度はどうだったでしょうか?先月度の成績発表です。収支・経費率などの数字を見ていきます。

 

6月の成績表。

6月の成績を振り返ってみることにします。

まずは数字を見ていきましょう。
全7棟の収支です。

 

■前提条件

・中古木造ばかりで、単身者用ばかりの65戸(7棟)
・全7棟の借金は終わって、無借金状態です

融資返済が無い分だけ、経費と利益などの運営状況が分かりやすいと思います。ダイレクトに収支などが分かるので。

 

 

■6月の収支データ

賃料収入:2,567,500円
     (先月比 98.3%)

支払金額:782,587円
     (先月比 76.5%)

キャッシュフロー(単月):1,784,913円
     (先月比 112.4%)

キャッシュフロー(年度累計):9,769,199円

 

 

となりました。

 

6月のキャッシュフローは178万円となっています。

先月に引き続きイレギュラーな収支です。先月は埼玉にある5棟の固定資産税を支払った影響で経費が上昇しました。6月度は東京都の1棟分だけ(24万円程)になるのでギリギリキャッシュフローは200万円を超えるくらいかな~?と思っていました。

しかし、思っていなかった経費が降ってきました。それが、不動産取得税です。7棟目を昨年の10月に購入したのですが、その税金が今になって届きました。金額は22万円弱で、購入額の1%程度となっています。忘れていたわけではないですが、これはいつ来るか分からないですからね。そのおかげで6月度の支払額は78万円です。単純に割り算すると経費率30.5%となります。

(減価償却費も入っていないし、その他、いろいろと厳密には違いますが)

 

固定資産税と不動産取得税の支払は合わせて46万円弱です。この影響を除くと経費率12.6%になります。

 

入居状況。

6月度もずっと満室でした。ただ、7月初めに1戸退去となり、中旬にもう1戸の退去を予定しています。満室で楽できたのも3カ月間だけでしたね。また頑張らないとです。

コラムを書いている現時点では、全65戸の1戸が空室で入居率98.5%となっています。

 

不動産取得税。

不動産取得税は、購入してから6か月~1年くらいして支払うことになります。納付書が届くまで忘れかけている税金です(笑)

金額に関して、なんとなく予測しておけば大丈夫ですが計算方法がよく分からなくて正確には出しません。ざっくり把握している程度です。

 

7棟目では購入額の1%程度の額でした。そこで気になったので、過去の分を見てみることにします。

 

7棟目 → 購入額の1.0%
6棟目 → 購入額の1.4%
5棟目 → 購入額の1.1%
4棟目 → 購入額の1.1%

 

となっています。だいたい全部で購入額の1%強という感じですので感覚的には間違っていませんでした。まぁ、計算方法が全然違うので信じちゃダメですけど(笑)

 

不動産を買ったら、6カ月から1年後にこのくらいの額の請求が来るということですね。それなりに大きい額なのでカツカツの買い方をしたときは少し厳しいかもしれません。

 

空室対策。

7月度では空室が2戸出るので、その対策がメインとなりそうです。しばらく『ぼ~~』っとしていても満室で大丈夫だったのですが、そろそろギアを変えて頑張らないとですね(笑)

でも、ずっと楽をしていると空室が出ても楽しく感じるのが不思議ですw

 

あまりいい時期ではないですが、早く決まるように努力はしたいと思います。運もあるので絶対に決めるとは言い切れないのが空室対策のもどかしいところではありますけど。

 

 

年間累計でキャッシュフロー2000万円を超えるためにも、こういうコツコツした努力の積み重ねが大事になってきますからね!

 

 

以上、6月の収支を振り返ってみました。
今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

この記事を評価してください

関連記事

楽待会員のみご利用になれます

会員登録(無料) ログインする

コメント {{ comment_count }}

この記事にはまだコメントがありません

ガイドラインをお読みになった上で
あなたの意見や感想を投稿してください

PR

ページ上部に戻る