●´∀`)ノ)) ♪ 皆様、今回もお読み頂きありがとうござます。素人大家さんから書けるところまで書いてくれ言われたので今回コラムにしようと思います。

地道ingも日々葛藤の日々です。正直、都内ビルはもうどうでもいいレベル。

理由としては「自尊心と見栄は満たされるけど、実収入としての価値が低い」からです。SUCCESSストーリーとしては魅力的なんですがね。

地道ingの座右の銘は「兵貴神速」です。

なにより早さが武器です。早く物事が終われば次の作業に取り掛かれる。早く目的地に着けば時間に余裕ができる。そして皆様共通でご興味あると言えば「短時間でお金をどう増やすか」でしょう。

お金がないから不安だったり、不幸だったりでストレスなんですよね?

えぇ、地道ingも建前上は年収500万円のサラリーマンですから、そりゃホントにサラリーマンだけやっていたら「幸せ」とは程遠いですね。もともと経営者だったので生活レベルは落とせません。値段見てモノ買うとか殆どないし、欲しいものは欲しい時に買います。

毎月個人消費で大体こんな感じですね。

加えて妻と子供3人を養い、住宅ローンも返済するわけで、息子なんかプロ選手になれるかどうかでクラブ所属だから毎月50万円以上が軽くすっ飛んでいきます。サラリーマンになって2年経過だけど

( ꒪⌓꒪)よく生活できているなぁ思います

とはいえ、肩書が14くらいあるのも事実で、不労所得はそれなりになります。(具体的には書きませんが)

 

 そうやって貯まったこの金がビルに消えるかと思うと違うかなぁ思ってしまう

不動産投資って派手に見えて実は地味

融資が出にくいと言っても、金融機関は貸すのが仕事、今、出やすいのは「マイカーローン」です。

注文済みのアストンマーティン

金利もキャンペーンで1.25%や1.3%とタダ同然。期間は10年~15年とこちらもゆるゆる取り組めるわけで、〇リックス2.3%とか〇ラスト3.9%なんか恐ろしくて借りられない。マイカーローンは不動産投資ローンと比べ組みやすい。無担保だし、WEBなら翌日回答です!(フリーローンと似ている)

地道ingが車を買ったら「道楽だ!」言われた方いましたが「わかってねぇなぁ」思います。地道ingは「ヘリコプター理論」の持ち主なので常に考えは立体的に展開、推移します。元になるのは時間軸。数字は単なる記号でしかない。自身が高校生だった時、時給380円/1Hでしたからね。いま、1000円!?凄いなぁ・・・世界経済の状況がどうなろうと、金利が跳ね上がろうと、貨幣価値の変化に勝るものはなく、時間が解決してくれます。最低賃金は1500円を目標に確実に施行されていますからね。

お金が欲しいのは「今」なのか「未来」なのか?地道ingは「明日生きている」保証がない人生において大切なのは「今」であり「誰」と過ごすのか。そこが大切で、かけがえのない時を過ごしたいので経営者辞めてサラリーマンになりました。収入は減ったけど、今が最高にhappyです。

あれこれ考えるなら確実に「労働」して時給を稼ぎ、引っ張れるところから融資を引き、印税を求め、時間的余裕からギャラを稼ぐなど、ムダな出費を抑えるのでなく、出費を抑えたところでその上限は知れているのだから、ムダな時間をどう活かし、得た資金を2倍、3倍と増殖していく方が健全で建設的で発展的。

一例をあげるなら預金担保で借り、借りた後、預金を引き出し、別の金融機関で再現、繰り返すと千万単位の借り入れは余裕。しかし、ある程度で止めないとカウンター大会になってしまうのでハンドリングが問われる。借金は返済しないとダメだから「いかに回すか」経営と同じでセンスが問われます。不動産投資は時間的余裕があるEASYMODEなので、次の返済までにどれだけ何ができるか?これの工夫でどうにでもなる。

地道ing、これだけの事をしてますので、今月来月で全ての不動産借り入れを完済してしまいます。残るのは車のローンだけとなり、ここまで楽勝。問題はあのビルをどうするか…だな。

素人大家さんこんなもんでどうでしょうか?