●´∀`)ノ)) ♪ 皆様、今回もお読み頂きありがとうござます。モチベーションが一気に上がった地道ingですが、肝心な新築ビル建設はどうなったのか?それでは『楽待アプリ』で物件は買えるのか?現在進行形で奮闘している新シリーズ『地道ingの野望』ついに最終回を迎えます。それでは第84章 最終回「キレた地道ing」をどうぞ!

 企画抜擢され、意気揚々とササっと物件獲得一番乗り

ところが先を越され

未だ獲得ならず

 ここまで2か月、企画開始から四半期が経過していました

( ꒪⌓꒪) どこで誤ったか?

折角企画抜擢されたのだからインパクトが大事だ

最終目標は都内1棟ビルだから計画を前倒ししてはどうか

このあたりから堅調路線を外れ

レンジを組んで展開していた計画が狂い始める

数字が独り歩きし

「当事者」から「依頼者」の立場になり

決定権が相手に渡る

経営者の仕事は「決断」

その「決断」を「相手に委ねる」という事は

「意思を譲った」ということだ

だから今、自分はこの場で屈辱を受けている

 

何のためにこの場にいるのだろう?

どうしてこうなった?

よし、サラリーマンの都合に合わせるのはここまでだ 

(・ω´・,, 現金ならここにあろうが!

金持ってないから貸してくださいでなく

現金溶かしたくないから借りたいって話だろ?

金融機関「なら現金で購入されてはどうですか?」

(ヾノ・∀・`) 話にならんわ

ヽ( ・ิ∀・ิ )ノ じゃ、全ての借り入れ今すぐ返すわ

金融機関「長期返済が条件ですから二度と貸せなくなりますよ!」

(* Ŏ∀Ŏ) 何か問題が?

2ヶ月間も待たされた回答がこれか?

不動産収益は全体収益の1/10

最近これのフラストレーションが物凄く溜まってて

対して儲からないのに拘束時間が長い

あれだけ使えると信頼していた仲介が【音信不通】になり

精神的ストレスも多くて

ヽ(*゜∀゜*)ノ どうでもええ

都内一棟ビルは買えるのだけど

「だからなに?」

「買っただけ」

それも【他の収益で得た利益】をつぎ込んで

月々のアガリが50万円とかショボい

年間600万円

初期投資が4000万円

先の投資金額と併せて6000万円ちょっと

返済に30年…

短期で全てを完結する地道ingからすると

(ヾノ・∀・`) 話にならんわ

よくよく考えると

なぜ都内1棟ビルだったのか?

鏡に向かって自問自答します

長い時間を掛けて決断しました

池袋は止めよう

そして

伏線として張っていた下落合ビル商談しました

条件良かった。売主である不動産会社社長に直々ご足労頂き直接交渉。担当者を挟まないダイレクトな交渉はスムーズで経営者同士の話は面白く、途中、車の話で盛り上がり、家族の話で意気投合、距離がグッと縮まる。様々な観点から導き出した着地点は期待に添うものだった。

1300万円を先入れし、後はローンで返済。月々30万円しか上がらないけど、継承される先受け家賃が500万円程度あるので、当面の運営も困難でない、屋上防水も実施済みで10年間保証(通常補修保証は5年)、設備面の不具合もなく、ここでは詳しく書けませんが将来的な面白い展望、都市計画もある。

なんしろ実際に歩いたら駅徒歩20秒

迷う地道ingに不動産会社社長が放つ

とどめの一撃

値引きなんと

1000万円

物凄く悩みます

結論は

今じゃないな

やっつけで買うは買えるけど

そんなの皆さんも期待していないでしょ?

『楽街アプリ』で物件は買えるのか?シリーズですが

買えるけど買っただけになるので、戦略的撤退とします。

やはりジムによる大戦略は王道で鉄板。ほぼ正解。

しかし、それでは遅い

ソーラーレイを建設して一瞬で蒸発のが手っ取り早い。

30年の長期返済に縛られるより

くるくる回し、チャージして放つ。

「0083」ではないが「2020」これでいこう。

✲゚。.ψ(・ω´・,,ψ☆.。₀:* 次回、第85章「仕切り直し」