先回のコラムのコメント欄で、大家側の水道料金一括払い物件の大変さやデメリットを指摘の声が多かったですが…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

大家側での水道料金一括支払い物件…

私は意識してこのタイプの物件を買い集めた訳では有りませんでしたが、

高利回りで高稼働の物件を狙っていて気付いた時には、

現在所有中の物件のおよそ半分がこのタイプの物件となっていました(泣)…

 

良く考えてみるとこのタイプの物件、

各世帯への水道料金請求面でのわずらわしさは有るものの、

私の様なドミナントスタイルの自主管理大家にはこれはこれで、

入居者さんとのコンタクトが常に取り易い状態で維持できて、

好都合とも考えられるかも?とも思いました。

※デメリットもメリットと考える事の出来る思考の方限定かも…

 

低家賃の築古物件…社会の縮図そのものですから、

当然ながら様々な入居者さんを相手にする事になります。

 

大家さんには否応ナシに各入居者さんとのコミュニケーション力や対応力が求められる事となり、

いやがうえでも大家さん側の賃貸物件管理スキルの向上に繋がります…

※少々の問題にもモノともしない、精神力も鍛えられる?

 

結果、賃貸経営競争激化の局面でも、

生き残れるタイプの大家さんへと鍛え上げられる…

※かなり都合よく物事を捉えられる思考かも…

 

他にも入居者さんだけでなくて、物件への巡回頻度や観察レベルも一定レベルで維持できる可能性が高いので、

物件の状態に対する把握も容易になり、

物件の管理費用や修繕費用を抑える事が出来る…ハズです。

 

 

基本、売却益狙いではなくて、運用益狙いとなるこれらの物件…

 

そして、この様なスペックの物件…

当然ながら物件売却時の評価にもマイナスとなる可能性が否定できません。

 

となると、必然的にこれらの物件は長が~く所有して、

しっかりと運用益を稼ぐ方針でないと、

大家側でもメリットを享受し難くなると思われます。

 

今後、このスペックの物件を目指す方は、

不動産投資の手法や運用方針と合致するのか考えてから購入すべきかも知れないですね。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。