今回の作業の見積もりを取った所…7万円以上の金額が…塗料代が1.1万円で、残りが6万円、半日だと2万円?

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

今回は、9月からのテナントさんの入居に向けて現在改装作業中のお部屋で、

天井の石膏ボード部分(ジプトーン)に塗装作業を行った様子をアップします。

 

今迄は、窓枠、玄関ドアの枠などをDIYでペンキ塗りした経験が有りましたが、

お部屋の天井部分全ての塗装作業を行うのは今回が初めてです。

 

塗装に使うローラーも天井部分という事から、

延長用の棒を柄の部分に追加して使用しました。

 

今回の天井部分の塗装に使用した延長用の柄の付いたローラーです。

 

そして、塗料の受け皿に1斗缶から塗料を移して…

天井部分を塗り始めました…

 

今回、天井の塗装に最適であると塗装屋さんに教えてもらい、

その塗装屋さんに注文をお願いした塗料です。

金額は1斗缶で1.1万円でした。

 

塗装開始前の室内の天井の様子です。

 

今回のジプトーンの天井には、細かなランダムに配置された溝があり、

その部分にまでしっかりと塗料を塗り込むのが割りと大変でした。

 

少し暗いですが、最初に天井を1度塗りをした状態です。

写真では分からないのですが、ジプトーンの溝の部分は、

綺麗に塗りつぶす前の状態です…

手前の部分はまだ塗装する前です…

ジプトーンの天井の溝の模様がハッキリと見えます…

 

夕刻に撮影したので分かり難いですが、

室内天井部分を2度塗りし終えた状況です。

こちらは、ジプトーンの溝の部分まで塗りつぶした状態です。

 

ジプトーンの天井部分のランダムに刻まれた溝の部分にしっかりと塗料を塗り込むには、

ローラーの刷毛にしっかりと塗料を染み込ませてから、

力を入れてローラーの刷毛で塗り込む事から、

ペンキのしずくが大量に床に落ちます。

 

ペンキ塗り作業の前から想定はしていましたが、

着ていた服と長靴はペンキのしずくだらけとなりました…

 

塗装作業に使う服は必ず、ペンキが付いてダメになる事を承知で着る服と、

着替えの服の2着を用意する必要が有ります。

 

今回の作業時間は半日で、

ペンキ塗りする部屋の天井部分のおよそ半分を塗り終える事が出来ました。

 

天井全体では最後の仕上げまでを含めると、

およそ1日半程度の時間を要するのかな?と感じました。

 

この作業全体でおよそ6万円分の作業料金であるとしたら、

半日で2万円という感じかな?と思います。

 

ペンキ塗り作業の中では、天井のペンキ塗り作業は比較的単価が大きく、

自分で作業を行った場合のコスト削減効果は、

割と大きいという印象を受けました。

※他の塗装作業…窓枠や玄関ドアの枠の部分の塗装作業との比較で…

 

室内の改装費用の見直しを考える場合には、

検討する価値のあるDIYなのかな?と感じました。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。