こんちは

前回は、難しい理論(になってない)を書いて、

人気も元気もなくなった おそまつ です。

 

やっぱ、慣れないことはやるものではないですね。

と、ここまで書いて、放置(体力と精神力の限界)

 

昨日、子どもより早く寝たら、やっと体力が戻ってきました。

(単純な慢性寝不足?)

 

書きかけたままで月は越したくないので、

そんなの関係ねぇ~!!

で書いてみることにします。

(今日は文字の装飾もなし)

 

題して、新築完成会(しかも戸建て)に行ってみた!!

 

って言っても、今回は、建売ではなく、

注文住宅の内覧会なので、

写真不可だったんですよね。。。

 

写真なしでイメージが伝えにくいですが、

思いつくまま書いてみます。

 

 

■受付

投げ込み広告だけのはずですが、ものすごい人でした。

客層は、オシャレな若夫婦+幼児

物件も確かにオシャレでした。

 

我が家は、おっさんと小学生の娘二人(嫁は仕事)

当然のごとく適当にあしらわれ。。。

 

見るにはイイ感じでした。

 

物件の概要としては、

 

■ベランダがない!!

お:なんでベランダが無いの?

営:最近の方は、室内干しをされるので無くしました!!

 

その代わり、洗濯機置き場の天井が高めで広い

ホスクリ○ンが2セット設置されてました。

 

ホスクリ○ンとは。。。

ご存知の方も多いと思いますが、

昇降式の室内洗濯物干し です。1台2万円しないくらい

 

 

単身用ならカーテンレールって言う荒業もアリですが、

コダッテーやファミリーなら有っても良いと思います。

ベランダよりもホスクリ○ンのほうがニーズは有るってことですね。

 

 

■北欧スタイルからの脱却

今までは、どこの建売も北欧(スカンジナビア)スタイル

(要するにIKEAが似合う)一辺倒でした

 

が、以前から動きはありましたが、

大きく変わってきているような気がします。。。

(コメンテーターのnaomさんは以前からおっしゃってたような。。。)

 

全体的には、ブルックリンスタイル(簡単に言うとスタバ系)

流行ってきているのかなぁ って感じます。

 

インテリア系の専門家なら、細かい区分けはあると思いますが、

ここではこげ茶、つや消し黒、石目、アイアン多用って

ラフなイメージで話してます

 

よくよく考えたら、ブルックリンスタイルって

 

茶色と黒が基調

 

リフォームにはマッチしやすい(塗りやすい)

 

私は、以前から、

リフォームは素材ではなく色

とお話しさせていただいていますが、使う色を替えてみようかな?

と思わされる物件でした。

 

 

■壁は塗り壁

聞くと、漆喰に骨材を混ぜて、粒粒感を出し、

あえてコテ目を出して塗る

しっくりの量が半端ないよなぁ。。。(骨材はかさ増しか?)

と考えてました

 

そこに、天井がSPクロスで仕上げていたのを見つけたおそまつ

 

何故から始まる好奇心!!

(これ重要)

 

お:なんで天井だけSPクロスなの?

営:気が付かれましたか?最初は天井も塗ってたんですが、

 実は天井ってお客様があまり気が付かないんですよね。

 ほとんど気が付かれないし、コストが3倍かかるのでクロスにしました。

 

なるほど。。。

天井は色位しか見てないわけね。。。

投資対効果をここで見つけたような気がしました。

 

 

■隠し扉

何のこっちゃ!!と思われる方もいらっしゃると思うのですが、

2F屋根裏に上がるドアが無いんです。

正確には、ドアノブもなく、ドアではないんですよ。

何があったというと。。。

 

 

本棚!!

 

どちらかと言うとマガジンラックなんですが、

拾い物画像でイメージが近いのはこんな感じ

 

ってことは、

ぼろいドアに

 

すのこを貼りつけ、落下防止のバーをちょいとつけて

ステインで仕上げれば、オシャレかも!!

 

と、発想が豊かになりました。(ヒンジの強化は必要かも)

 

 

■まとめ

たまには新築見学会も

リフォーム、内装の勉強になる!!

 

皆さんもご近所でお洒落な家の内覧会が有ったら

参加してみてはいかがですか?

 

 

追伸

しかし、私には

リフォームする物件が無い。。。

 

どなたか名古屋近辺の方

缶コーヒーしばきながらワイがやしませんか(笑)

 

今後とも御贔屓に!