和式トイレのモルタル製の足場を壊す時に壊してしまった、石膏ボードの壁の修復作業を行いました…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

このところ連日、テナント物件でのリフォーム作業を行っています。

※ここ最近DIYネタばかりなのはその為です…

 

一箇所ずつお部屋の中がリフォームを終えて綺麗になってくると、

未リフォームの見栄えの悪い部分が段々と気になってきて、

それを一つずつ潰して行く作業の繰り返しで、

物件が次第に仕上がって行きます。

 

今回は先々週に解体作業を行って撤去した、

和式トイレの足場の部分のモルタルを壊す際に、

壁の石膏ボードも同時に壊れてしまった部分があり、

今回はその部分を中心に修復作業を行った様子をアップします。

 

写真を見ても分かり難くいですが、

奥と手前の2箇所の石膏ボードが破損してしまっています…

 

破損している石膏ボードよりも一回り大きいサイズのカット済みの石膏ボードをあてがってから、今回カットして取り除きたい部分の線を引きます。

 

線引きした部分に石膏ボード用のノコギリで切断していきます。

線引きしている部分と直角の位置にある溝は石膏ボードのつなぎ目です。

 

ゆっくりと慎重に刃を入れていきます。

 

元の破損していた石膏ボードを線引きした所からキレイにカットして、

取り除きます。

 

今回、石膏ボードがALCの壁に厚さ1センチ位の接着剤?で貼られており、

接着剤の台座の上に貼り付いて残っている石膏ボードを皮スキで剥がします。

 

台座の一部にはALC壁に残らずに剥がした石膏ボード側に張り付いたままで取れてしまった部分があるので、その部分を石膏ボード側から剥がします。

 

剥がした厚さ1センチほどの台座をボンドでALC壁側に固定します。

 

ボンドでALC壁に貼り付けますが、固定していないと直ぐに取れてしまうので、

くっつくまでブロックをあてがって押さえて固定します。

 

台座の部分がALC壁に固定できたら、

元の石膏ボードのサイズに合わせてカットした新しい石膏ボードを入れて、

台座の部分にネジでしっかりと固定します。

 

これで、今回の破損してしまった石膏ボードの修復は完了です。

この作業を業者さんにお願いした場合、

最低でも数千円~1万円程度は別途必要になる作業なのでは?と思います。

 

今回はたまたま丁度よいサイズの石膏ボードが手元にあり、

材料費は掛かりませんでした。

 

破損した部分の石膏ボードの除去して、

台座の修復作業を行い、新しい石膏ボードの貼り付けまで行って、

作業時間は2時間ほど掛かりました。

 

続いておまけの作業として、天井クロス貼り替え前でないと作業が困難な、

天井の隅にあるプラスチック製の桟のクリーニング作業を行いました。

 

昨年は、この部分にも白く塗装を行っていましたが…

 

壁紙を貼る内装屋さん曰く、

塗装するよりも、良く湿らせたタオルでごしごし拭くだけで、

この部分の汚れは簡単に落ちるよ…との事で、

今回は拭き掃除を行いました。

 

 壁紙を貼る内装屋さんの言う通り、

湿ったタオルで拭くだけで、

プラスチック製の桟は見事にキレイになりました。

 

今回は細かな作業の一部ですが、

毎日少しずつ作業を行う事で、

着実にお部屋はキレイになっていきます。

 

月末からは本格的に業者さんがリフォーム作業に入る予定ですので、

それまでにDIYの部分は出来る限り済ませておきたいと考えています。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。