わたしのコラムは、内容に非常に偏りがありますので、批判も含めてコメント欄に書き込んでいただけると非常に助かります。どんなことでもお書きしてください。成功例だけが、楽待コラムではないです。むしろ、わたしの失敗が読者の成功に結びつくとすら思っています

 

 『♯49 なにかと問題のある築古木造戸建3つを決済しました。』で紹介したB戸建とC戸建のその後です。

 

◆B戸建(雑草伸び放題物件とほとんどリフォームが必要)

 B戸建の決済後すぐに、現地でリフォーム屋さんと打ち合わせをし、発注・依頼しました。やはりボロ物件ですから、依頼した箇所以外にも修繕の必要な箇所がどんどん出てきて、提案されます。そして、ほとんどの提案を了承し、その請求が来たので、内容を公開いたします。

木の伐採・草刈り:140000円

 

 

建付け修理:2300円×4箇所

玄関ドア・ガレージ・手すり塗装:8000円

排水パイプカバー交換:1200円

浴室ドアノブ修繕:6000円

ウッドデッキ塗装:3500円

玄関チャイム:2000円

クッションフロア:2500円×6.8平米

 

 これは、請求されたものの一部ではありますが、全てこの価格に工事費を含む価格です。結局のところ、リフォームの総額は約60万円と結構な額になりましたので、不動産業者に客付けを依頼する予定です。おそらく、これまでで最高値の家賃月5.5万円に設定しようかと思います。(どんだけ、低家賃な物件ばっかり持ってるんだって意見はなしで)依頼は9月になりそうです。

 このようなリフォーム請求内容ですから、相見積もりを取る必要もなく、C戸建についても依頼することに決めました。

 

◆C戸建(外に汲み取りトイレと風呂が…)の現地打合せなしのリフォーム。そして、『地元の掲示板』○○○ィで客付け完了

 C戸建は次の帰省まで放置状態にしようと思ったのですが、B戸建のリフォームも一段落したので、この物件の修繕を依頼しようかと連絡した矢先に、○○○ィ経由でこの物件の内覧希望の連絡がありました。リフォーム屋さんに、修繕箇所を確認することを兼ねて入居希望者の内覧も同時間帯に依頼しました。その日のうちに、内覧者から入居したいとメールで回答がありました。

 募集内容は敷金礼金なしの家賃月2万円で、入居者が自由にリフォームできることになっていましたが、リフォーム屋さんに内覧の立会いをしていただいた手前、修繕の依頼をしました。まさしく、リフォーム屋さん主導のリフォームですから、こちらが支払う額の上限を30万円とし、入居希望者から修繕の優先順位を教えてもらい、順に風呂・トイレ、テレビアンテナ、雨漏り、照明の順に直してもらい、30万円になった時点で修繕終了という約束としました。現時点では、風呂・トイレから照明まで30万円以内でおさまりそうとの報告をもらっています。もし、お金が余ってしまったら、入居者が希望する他の箇所を直すように依頼しています。近々入居したいとのことでしたので、すでに賃貸契約を結び鍵もレターパックで送って完了しています。あとは、月末の入金を待つのみです。

 今日もわたしのコラムを読んでいただきありがとうございました。