­ 

千葉県白井市富士

築44年の戸建てを月3万円で借りて

大家さん(見習い)に

 

6月22日(カニの日🦀)に契約

そこから今日までの1ヶ月ちょっとは

 

大きな進展もなくあっという間にすぎ( ̄▽ ̄;)ヤベー

 

何かやればいいのか

頭が真っ白になっていました

 

これが初心者あるあるなのか!?

 

自問自答を繰り返し

やっと我に返って

 

今の状況を

楽しみながら

学びながら

経験と知識を積んで

1日も早くリフォームを終え

 

入居者さんにずっと住んでいたいと思ってもらえる家づくりを目指します❗️

※南向きよりあなた向き

 

出来るならDIYで1から10までやりたい放題したいのですが…

それではただの趣味になってしまうので

 

去年購入した自宅のリフォームを手伝ってもらった

高校時代の野球部の同級生に連絡して

※某東京都立足立新田高等学校

リフォーム担当に就任してもらい

 

力仕事や汚れ仕事は私が人工として

職人的なスキルが求められるリフォームは同級生(多能工)に

 

9月の完成を目標に❗️

※内見希望者は下記の楽待公式サイトからお申込み下さい。

 

 

ささやかながら決意表明として

物件の庭に花を🌼 

この花がきれいに咲く頃には

まだ見ぬ入居者さんが快適に暮らしているようにと願いを込めて 

 

その時

客付けをお願いしていた

不動産会社から着信が

「お世話になります!楽待不動産の秋矢(仮名)です。先日、白井市富士の戸建て内見させて頂きました。いまお電話宜しいでしょうか?」

 

汗をぬぐいながらスマホを耳に近づける

 

「大丈夫ですよ!物件までご足労頂きありがとうございます」

 

クセなのか自然と電話しながらお辞儀してしまう

 

「恐れ入ります…それで、年式の割に建物の状態も良く、間取りなども素晴らしい物件なのですが、いかんせん弊社からだと距離がありまして…内見の案内など対応が難しいので…申し訳ありませんが弊社での募集は致しかねます…」

 

なななんと!?

 

「そ、そうですか…か、かしこまりました💧また何かありましたら宜しくお願い致します」

お断りの理由が理由なだけに

諸条件などの話も出来ず

 

たしかに楽待不動産は東武鉄道野田線の馬込沢駅の真ん前

物件までは6kmほどあり

途中、新京成電鉄の鎌ヶ谷大仏駅も通るので

遠いといえば遠い

しかしこのエリアに足を運んでから

ずっと気になっていた不動産会社だったので

まずはここに話をしようと決めていました

 

ふと

物件の庭に植えた花の花言葉を思い出す

「別れの悲しみ」

 

別れは出会いの始まり

私のサラリーマン大家さんの道はまだ始まったばかり(^^;;

 

続く