前回の反省

前回のコラム「大家は大家業に専念すべきなのか」では、火の中にガソリンをぶっ掛けて突撃するという大津スタイルなコラムを紹介いたしました。

大家業で必要なのは精神力です。

仮に編集部に怒られても、大津らしいコラムを書いていきたいと思います。

 

またセミナー講師をやるなら、受講者の人生を背負うという責任を持つ覚悟はありますか?
とご指摘がありましたが、私にはそんな覚悟はないです。
ペリカをもらえるからやるだけです!

そもそも、数千円のセミナーや無料のセミナーでそこまで講師に求めますか?
私は大家の会でのセミナーで2千円の参加費のセミナーに2か月に1回参加していますが、いい話が聞ければええわ程度で、人生をかけようとまでは思っていなく、周りの参加者にも失礼ですがそこまで講師に期待している方がいないように感じました。

これが私の経験から感じることですが、たぶん一部の方とずれがあるのかなと思っています。
たぶんその方がイメージしているセミナー講師と私の立ち位置が異なるのではと思っています。

どういうことかというとセミナー講師にもいろいろいるということです。
その分類と私が人気セミナー講師になれないであろう理由を分析してコラムにします。

大津と玄徳の違いを理解してもらえればうれしいです(詳細書くと怒られるので書きません)

 

分類1 業者提携型

特定の不動産会社が主催するセミナーに講師として呼ばれるということです。
一部?の会社では、自社が仕入れた物件を帝愛銀行(仮名 4.5%で貸すところ)で融資セットにして高額で転売するということをしております。
1法人1物件スキームなどグレーな手法もしており、そういった手法を現役の大家さんが話すことで説得力を持ってお客様カモに伝えることができます。
帝愛銀行の融資は現在あべしされていますが、去年の前半頃までは盛んにそういったセミナーが某不動産投資サイトでも掲載されていました。

分類2 不動産会社経営型

わかりやすい例ですと、納豆大家さん(仮名 ヒントは名産地)です。
業者が相当な利益を得ているにも関わらず、セミナー講師でお小遣いをもらうだけ馬鹿らしくなり、自己完結させればもっと儲かるという考えです。
こちらも分類1と基本は同じですので、帝愛銀行の情勢変化で下火になっています。
納豆大家さんも廃業しました。

分類3 高額大家塾運営型

最近聞いた話で2つの大家塾を紹介します。
ビンビ●クラブ(仮名)
某不動産投資メディアにも登場している大島さん(仮名 ヒント アンジャッ●ュ)が運営されてます。
ぼろ物件再生系がメインになるそうです。
年会費は30万円で会員は200人程度いるらしいです。
こちらはどちらかというと初心者向けな印象です。
クラブス●夫
RCをどんどん買っていくというスタイルの集まりです。
年会費が80万円です。会員100人ぐらいいるそうです。
こちらはある程度成功している方が多い印象です。

正直、運営側としては借金するわけでもなく、ノーリスクでかなり儲かりますよね。
「セミナー講師には受講者の人生を背負っているという覚悟を持ってほしい」とコメントについてはこのタイプのセミナー講師には、額も額ですし、そういう覚悟をもってほしいと私は思っています。

上記の話は参加者からの聞いただけですので実体験に基づかないため精度は怪しく誤りがあれば申し訳ないです。

 

分類4 単発型

各地の大家の会、賃貸住宅フェア、その他の投資系イベントなどに単発で呼ばれる講師です。自分で主催する方もいらっしゃいます。
ほとんどは1回数万円でしゃべっているだけというケースでしょう。
この方にいろいろ責任などを期待するのは厳しいと思います。

分類別収入を考える

分類1と4はバイトで講師しているだけですので、あまり金にはならないでしょう。
また同じバイトでも分類1の方が開催頻度が多いので収入が安定する(去年までは安定していた)でしょう。

分類2と3は能力次第で大きく稼げる可能性があります。うまくいっている方は大家なんてやってられなくなるぐらい儲かっているのではないでしょうか。

大津の分類

自己判断ですが、現在は分類4だと思っています(そもそも1回しかセミナーをしたことがない)。

もしかしたら将来変貌するかもwww

 

大津が人気セミナー講師になれないと思う理由

人気セミナー講師と表現しましたが、定義はどれだけセミナーに呼ばれるのかということです。
 残念なことに人気講師にはなれないと考える理由が4つあります。

① 不動産会社が使いにくい
私はぼろ戸建の再生の記事しか書いていません。
しかし、不動産会社は1棟モノ(RC、アパート)や区分など利益が抜きやすい内容のセミナーしか基本しません。

ボロ戸建て業者をセミナーで転売しても儲かりませんのでが主催する築古戸建を販売するセミナーは見たことがないです(築古戸建再生の高額塾は最近増えていますけど)。

また私のコラムやセミナーを見ても、サラリーマンが片手間でやる感じがあまりないと思いますので、全部お任せしてくださいというスタイルで業者は売りたいことから大津との相性は悪いと思います。
もう少し、不動産会社に丸投げで成功しましたみたいな内容とサラリーマン受けするアカウント名がいいと思います。
また正直、いまのアカウント名は不動産会社的にいまいちです。
地主の婿養子さんも名前的に同様だと思います。

例えば、埼玉サラリーマン大家さんとか元ビジネスマン大家さんとかは私が業者なら名前的にまず候補です。
どうせ楽待コラムをまじめに読んでいる方はセミナー主催業者の物件を買わないので、コラムの内容はどうでもいいのですw

 

② 大津の集客力
前回、土曜日開催、参加費無料(その会社のセミナー参加履歴がなければ)、1か月前告知で30席の枠で14人しか集客出来ていませんでした。そのうち知り合いが4名です汗

実は私、楽待である程度知名度があるはずだから30席は埋まるだろと思っていましたが、現実は甘くありません。

某有名大家さんのふんど●王子とお会いした時のふんど●姿の画像をセミナーで上映したところ、主催会社からひ紹介してくださいと言われました、、、

主催者も大津より、ふんど●さんに講演してほしいのです。
セミナー講師としての格はふんど●>大津です。圧倒的に敗北してます。

ちなみにふんど●さんは平日の滋賀県開催のセミナーで20人をわずか1週間で集客していました汗

③ 交通費
大家系のセミナーは講師料の相場が安いです。東京などの都心での開催が多いと思いますが、
大津を召喚するには滋賀からの交通費がかかります。
それなら近場で交通費が掛からない講師を呼んだ方がいいと主催者は考えると思います。

ちなみに、新幹線代を貰っても高速バスでいくことは主催者には内緒です。
私はまだまだ45組ですので、自己負担で新幹線に乗ったことはないです。

④ リピート
不動産会社からは呼ばれにくいので、各地の大家の会や前回(FXの会社)みたいな不動産とは関係ない会社のセミナーなどに限定されると思います。
そういうところは毎回講師を変えていろいろな方に来てほしいというニーズがあり、同じ方をリピートすることはあまりないです。
仮に複数回来ても内容を変えてくれと言われる可能性が高く、同じ内容を使いまわす金太郎飴セミナーで儲けることが難しいです。
不動産会社が物件を売るためのセミナーなら同じ内容の金太郎飴でチャリンチャリンしますが、大津の場合は、なかなかリピートは取りにくく、取れたとしても新しい内容の資料を作らないといけないので、負担が大きいです。
また現状では話す時間としては3時間分が限界だと思います。

結論として、大津は不動産会社も使いにくく、集客力がない割に、交通費の分コスト高、リピート受注も少ないだろうという理由で人気講師にはなれないのかなと思います。
資料を作ったので、依頼があればうれしいですけど。

まとめ

セミナー講師にはいろいろな種類があることを紹介できたと思います。

楽待コラムニストも今までの培った経験やノウハウを紹介することで、報酬を得ており、自分のいままでの経験を伝えてお金をいただくことに関しては善悪はないと私は思っているので、コラムニストをしております。
その分私は読者の方々には少しでもコラムを楽しんでもらいたいと思っています(別に私のコラムで勉強してほしいとはあまり思っていないw)。

セミナー講師は批判されることが多いですが、コラムニストと同じでその分有益な情報を提供出来るのであれば、それはそれでいいのかなと私は考えています。
また個人的にはコラムなど文章だけでは伝わらない五感で感じる何があり、セミナー講師としてはそういうのがないといけないと思っています。

しかし、一部のセミナー講師では意図的に詐欺的なことをしている方や本人は悪いことしていると思っていないのに悪い業者の片棒を担いでいる方がいるのは事実です。

でも私は騙されたとしても

100%自己責任だと思っています。

不動産投資に限らず、投資はリスクがありますし、きちんと勉強しないといけません。きちんと勉強すれば、騙されないと思います。

100%自己責任を胸に刻んで騙されないようにしてほしいと思っています。

最後に、
鉄骨渡りの不動産投資は大変危険です。
仮に私の真似をして落下しても、免責でお願いします。