築古ボロ物件でも、街づくりの一端を担う事は可能だと思う…築年数の古い物件の再生は大きな流れになると思う…

 

皆さんこんにちは、地方在住大家のゆたちゃんです。

 

楽待特集コラムで取り上げられた福岡県福津市の物件は、

今後新築物件を企画する時には、

※現時点では予定は全く有りませんが…

大いに参考になると思う素晴らしい物件でした。

 

ただ、今の私にとって何か問題が有るとすれば、

自分が良いと思うデザイン性に優れた新築物件であっても、

手持ちの資金だけでは全く手が出せない事です(泣)。

 

現在、自分が取り組んでいる物件は、

自己資金の範囲内で購入可能だった物件で、

それらの物件全てが築古の”脂が乗り切った”物件達ばかりで、

今が旬(若しくは旬を若干過ぎた)の物件達ばかりです。

 

これらの旬(若しくは旬を若干過ぎた)の物件達も、

大家が時間をかけて丁寧に物件を再生させて行く事で、

新築時に近い物件の輝きを取り戻し、

それを一つの街の中で複数の物件で行う事で、

そのままでは次第に廃墟となっていってしまう築古物件の再生を通じて、

街中の美観を(僅かかも知れませんが)向上させる事が出来るのではないか?と私は思います。

 

 

そして再生物件に住む入居者さんも、入居するテナントさんにも、

安価に快適な住まいや空間を使用する事が出来る事で喜ばれて、

そして物件を再生させた大家さんにも家賃収入が入る事で、

関係した人全員が恩恵を受けられます。

 

素晴らしいコンセプトの新築物件では、

最初に思い描いた通りの綺麗な外観や内装が実現できると思いますが、

家賃設定は築古物件の再生物件よりも割高な家賃設定となる事が予想され、

※中には再生物件でも新築物件並みの家賃設定となっている物件もあるようです…

入居者さんが長期に渡って住み続けるには、

企業での社宅として長期の借り上げ物件となっているか、

会社から家賃補助を受けている方で、

転勤の事を考えると戸建てや区分の購入を決断し難い方に絞られるのでは?と思います。

 

新築のアパートでも、利回り十数パーセントで運営されている、

高いスキルをお持ちの一部の大家さんであれば、

返済を完済される期間も10年程度で済むケースもあるのでは?と思いますが、

※鹿児島、三重、富山に実際に実現されている大家さんが居られる様です…

ほとんどの大家さんは、返済までに十数年~20年以上かかる事が多いと思われます。

 

特に地方ではこれから30年の人口減少率が低い地域で2割、高い地域では4割以上となる為に、

今、採算が合っているからといって安心できる地域ばかりでない事を、

地方で賃貸経営されている大家さんは肝に銘じて、

賃貸経営にあたるべきかと思います。

※人口減少するエリア内でも、高い賃貸需要を維持する地域があると思われますので、賃貸需要の差が大きくなると思います。

 

見栄えは新築物件と比較するとパッとしない部分もある築古ガラボロ物件の再生…

資金面の負担を掛けずに堅実に行えば、

明るい未来を描く事は可能かと私は思っています。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。