こんにちは 子育てママ大家 五十嵐未帆です(*^-^*)

前回のコラムで書かせていただいた

カラー塗装したお部屋に設置した

入居者プレゼントとモデルルームのお話です。

だいぶ遅くなってしまいごめんなさいm(__)m

 

早期入居付けできたら

その結果と一緒に~と思っていたのですが、

なかなかできませんでした( ;∀;)

 

後ほどその理由はお話しますね。

 

カラー塗装完了した次の日

ウエルカムメッセージとPOPを作成し

物件マイソクと一緒にパウチ!

 

ここのところずっと入居中か原状回復中に

次の入居が決まっていたので、

半年から1年ぶりでしょうか・・・・

久しぶりにモデルルーム設置しに行くことに。

 

昼頃出発

ストレージに寄りモデルルーム備品を回収し

ホームセンターに寄ってプレゼント用の

姿見(鏡)1500円、耐荷重4kの姿見用のフック400円、

キッチン料理台に見立てた机3000円、

プレート付きシンクスライドラック1300円の

合計6200円を購入

 

以前空間deco森山さんに教わった

暮らしを提案するステージングで

 

カラーボックス2個の上にボードを置いて

カウンターをイメージさせる

っていうのを

やりたかったのですが、

 

今売ってるカラーボックスって

どこの店もすごく重いので断念( ;∀;)

机になりました。

 

現地について

モデルルーム備品、姿見、シンクスライドラック設置

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンの取っ手が部屋に合わないな・・・と

思っていたので、

芯々(裏のねじ穴とねじ穴の幅)を調べて

購入していたシルバーのものと交換

塗装の現地立ち合いの時に

取り付けようと思ったのですが、

付属していた4M25mmのねじが合わず

4M20mmのねじを別途購入してこちらは合いました!!

ねじの長さで取り付けできないこともあるので

皆様もお気を付け下さいね。

 

 

 

 

そして

いよいよキッチン作業台用の机組み立て

 

 

車から3階の部屋にどでかいダンボールを運ぶときに

隣のお家のおじさんがベランダにいて

「一人でやるの?大変だね~。」と言われる(;’∀’)

 

しかも開けてみたら

ヤバイ・・・・「必ず二人以上で組み立ててください」

と書いてある(-_-;)

 

しょうがない・・・やるしかない(-_-)

 

というわけで、何とか組み立てられました。

 

 

 

 

設置完了したので写真を撮り

ウェルカムボードとPOPを設置しようとしたところ・・・

倉庫にコルクボードを忘れてきてしまい

しょうがないので、キッチンパネルに貼りました。

 

 

というわけで鏡など備品プレゼント&

便利な暮らしを提案するPOP&モデルルーム設置

でいつもはすぐに入居が決まるのですが、

今回はなかなか決まりませんでした。

 

この物件は築古だけど

フルリノベして6年

商店街が有名な駅徒歩5分 商店街まで1分

周りの新築物件に比べると家賃が安くてお得

で物件から3分ほどのところに管理会社店舗あり

優秀な店長さんがとても良くしてくださっていた

ということもあり

いつも退去前か原状回復完了前には

入居が決まっていました。

 

今回なかなか決まらなかった要因は下記のとおりです。

 

①管理会社の店舗が閉店撤退

と共に、いつもすぐに客付けしてくれていた

優秀な店長も異動してしまった。

担当が隣駅の店舗に・・・超大ダメージ(+_+)

仲介店舗ってホント大事ですよね☆

 

以下は内覧した方からの感想です。

 

②室内はキレイで良かったのですが、築年数(旧耐震基準)が気になる。

→フルリノベした際に躯体の補強はしていますと

お伝えしてもらうようにお願いしました。

 

③バルコニーが無い為。

→これはどうにもならない

 

④外にフックは有るが洗濯物が干しづらい感じがする。

※特に女性の方はこの意見が多かった様です。

 

 

→確かに洗濯物が丸見えだわ!!

中にも、物干し金具つけてあげたらどうかな・・・(~_~;)

 

⑤家賃

→以前までは周りの新築に比べると安いというお得感がありましたが

フルリノベから6年経過し、さほど新築感もなくなって

同じ築年のものに比べると高い

というイメージの方が強くなってしまったようです。

 

というわけで客付けも難しい時期ということもあり

当初家賃より2000円ダウン

フリーレント1か月その代わり短期解約違約金2年以内1か月つけて

モデルルーム設置から1か月と3週間ほどでお申込みいただき

先日無事入居されました。

 

エリア的に高いおしゃれ物件よりも

何もしていない安い物件が選ばれるエリア

だったことも要因だったかもしれません。

 

いつまでもお高く留まっていてはだめですね。

管理会社の方には

「家賃高かったらご相談ください」

とはお話していたのですが、

新店舗に代わってすぐそれでは・・・と

なるべく下げまいとして

一生懸命頑張ってくださっていたんだと思います。

 

常に相場と自分の物件を比べて

適正家賃を把握すること。

これからはもっと大事にしていきたいです。

 

今日も長文お読みくださり有難うございました。

皆様とのご縁に心より感謝申し上げます(*^人^*)