融資獲得への戦略。

こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

最近のコラムでは、新規物件に向けた活動を取り上げています。この前のコラムでは、売買契約後に融資の相談をしたところまでお伝えしましたね。メインでお付き合いしている金融機関へ打診したのですが、、、これまでとは違う反応で収益不動産への融資姿勢が厳しくなっていることを実感しました。

 

売買契約は締結したわけですが、融資がおりなければ・・・当然ながら物件は買えないです。いくら買いたい物件を見つけても融資が通らないことには始まりません。

ここ最近では(ある程度は力もついてきたので)融資がおりないなんてことは考えなくなっていました。むしろ、『借りてください』と言われるくらいだったのです。融資付けに不安を覚えるのも久しぶりのことですね。

 

今までなら『間違いなく大丈夫でしょう!』だったのが、『私(融資担当者さん)は大丈夫だと思いますが、本店の稟議にかけてみないと何とも言えません』になっちゃいましたから・・・。
(前回のコラム参照)

 

少し不安を感じますが、物件を買うためにも今後の動向を決めなくてはなりません。融資付けに対する戦略ですね。今回の物件も、何度も融資をお願いしているメインの金融機関に持ち込みました。その結果が微妙な回答だったわけです・・・。こうなると、他の金融機関も廻るかどうか決めなくてはなりません。

 

やっぱり、融資がおりないことが原因で買えないのは嫌ですからね・・・。そんなときのために保険をかけておくのも有効です。

 

でも、今回は浮気せずにメインの1つだけで行くことにしました。ちょっと悩んだのですが、、、ダメなら、そのときに考えます(笑)

 

本当は多くの金融機関にアタックしておいた方が良いのかもしれません。そっちが正解な気もします。(実は、先日ishiさんとお会いしたのですが、ishiさんなら複数に打診をすると言われちゃいました。それはそうですよね~)

 

言い訳。

ということで、求められてもいないのに言い訳を書いてみるとします(笑)

 

複数の金融機関にあたらずに1つだけにしか融資の打診をしなかった理由は、『まぁ、たぶん大丈夫でしょ!』と思っているのが大きいです。自分が通らなかったら誰が通るんだ?とも思います。

いくら最近の社会情勢で融資姿勢が厳しくなっているとは言っても、無借金だし、半分くらいまでなら自己資金も出せるし、長い付き合いだし、、、。ただ、耐用年数越えのアパートには絶対に融資しないという方針を本部が決めている可能性も0ではないので・・・、希望的観測であることは確かですね。

 

ただ、もし融資がダメだったとしても、それでジ・エンドではありません。融資特約の期間はちょっと長めになっているのでダメだと分かってから動いても十分に間に合うと判断していました。

 

そんな状況を総合的に考えたうえで、相見積もりのようなことをやって断る『失礼さ』を回避したかったのもあります。以前、2行に競わせて金利を下げたこともありましたが、、、断るときの申し訳ないこと、心苦しかったことを思い出します。融資の稟議に苦労していただいた担当者さんのことを思うと申し訳ない限りですからね。今後、他の物件ではお願いすることになるかもしれない銀行ですから関係を悪くするような『ほぼ断ることになりそうな相見積』は避けたかったのもあります。両方とも融資が通ったら、結局はメインの金融機関にお願いするでしょうから。

 

融資の結果は?

結局のところ、融資が通ったかどうかと言うと、、、

 

 

無事に融資の内諾を得ることができました。

 

若干は心配しましたが、とりあえずはひと安心ですね。本店稟議も通って、無事に融資がおりることになりました。まぁ、通るとは思っていましたが、ちょっと心配していました。そんなモヤモヤ感が消えたのは良かったですw

 

長くなってきたので、詳細などは次回のコラムとしますね。今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。