前回コラムの反省

前回のコラム「セミナー参加者の回答に答えます」では、カイジキャラを封印してマジレスしました。
本来の真面目な?キャラが悪い方向で出過ぎてしまい、無難なコラムになり、大変反省しています。
また専門用語をふんだんに使うなどわかりにくく、すぐ頭に入る内容ではなく、サクッと読めるコラムではなかったと思います。

今後は大津らしさを大事にしていきたいです。

また今回のコラムは1週間近く空いてしまいました。
理由は忙しかったからです。お盆中に1物件決済したこともあり、7月中旬に購入した物件と合わせて2つリフォームを手掛けており、お盆の後半は塗装とゴミ掃除と飲み会で死んでおりました。
また近況もコラムにしたいと思います。

今回のテーマは初心者は何をすべきかです。
前回のコラムでは初心者の質問に対して、調べてから質問しろというスタンスで厳しめ考えを紹介しました。
しかし、楽待コラム界にいる不動産のプロである上級者のコメ師(以下 上級国民)も生まれた時から上級国民ではないです。

今回は初心者がどうやって上級国民へ鉄骨渡りでステップアップしていくのかを紹介します。

初心者に伝えたいこと

上級国民になることは不動産投資で成功するためには絶対必要です。
よく初心者下級国民の方々とお話しして感じる方は
「俺はサラリーマンだし、そんな難しいことわけわかんねーよ」
というスタンスの方が一定数います。
またそこまでいかなくても、不動産のプロではないし、普段からそんなに不動産に時間かけたり、勉強するのはしんどいし出来ないなぁという方は多いのではと感じます。

しかし、私は

「不動産運用のプロ」にならないと成功できない

と考えております。

そういう覚悟がない方がこの世界に踏み入れると不幸になると思います。

 

最近、不動産投資ブームで「サラリーマンでもできる」みたいなお手軽感であおり運転をする業者(宮●プロパティマネジメントなど)

もいます。

そんなに甘くないのではと感じています。
知識レベルは収益レベルに直結します。
コラムで書くと批判されますが、騙される奴が悪いです。
お手軽に金を稼ごうとする根性で稼げるほど、甘くないのです。

しかし、きちんと学習し、上級国民へステップアップできれば、

不動産投資はそこまでハイリスクではないと思います(鉄骨渡りスタイルは除く)。
また現状の属性も私はそこまで重要と思っていません‼

もし、不動産投資をこれから始めたい、始めているけどまだ初心者だと思うという方に参考になればと思っています。

初心者からのステップアップ

座学(ネット&読書)

無難なことなのですが、楽待コラムを読むだけでも勉強になると思います。
しかし、多くのコラムは中級者以上向けに書かれている(私の主観)のではと感じ、初心者がいきなりは読んでもわかりにくいのではないでしょうか。
まずは楽待の不動産投資とはというページがありますので、

そこで基礎を勉強してから我々の実践大家コラムを読んでください。

また読むだけではなく、コメントを入れると。
正直コメントを入れるには読んで理解しないとコメントできないです。

特に悪口はおすすめです。

悪口を書くにはよりコラムの内容を理解しなければ、悪口は書けません。
しかし、一部悪質なコラムニストは悪口を炎上ネタに活用しようとしますので、注意が必要です。

また本も勉強になります、よく100冊本読めと言われますが、大事なのは特定の手法に偏り過ぎないことです。新築、ぼろアパート、地方RC、戸建、民泊、区分、シェアハウスなどなど幅広い知識を得るべきだと思います。
また借地借家法や民法は宅建合格レベルの基礎知識として欲しいです。

先輩大家さんに質問するなら、座学編はマスターした上で質問した方がいいです。
学習した上での質問であれば、歓迎してくれる方は多いと思います。

 

大家の会に参加する

各地に大家の会があると思います。そういうのに参加すると同じことをしている仲間が見つかりますので切磋琢磨出来る環境なのではと感じています。
また特におすすめなのは、運営のお手伝いをすることです。

私は大家の会に参加したとき、たまたま事務局員を募集していたので、当時戸建3つ程度の弱小大家の時に応募して、2年間事務局をやっていました。

こういう会の運営メンバーは変態度が高い傾向がありますので、揉まれるさらにステップアップ出来る機会になると思います。以前コラムで紹介した、駅前に大量の不動産を所有する大家さんの物件見学も事務局だけしか呼ばれていない非公式イベントです。
そういった付き合いもあります。

またコラムに書くとまずい楽しいこともありました。
同時期に事務局をやっていた方もここ数年でかなり規模の拡大に成功されており、事務局はチャンスなのではと感じています。

 

DIYのお手伝いする

私のような築古再生系の投資家は常に誰かお手伝いをして頂ける方を探していると思います。
そういう方の物件を手伝いに行くのは、勉強になるし、また購入の前後などで困ったときに相談しやすいのではと思います。

私のやる作業は主に残置物の運搬、塗装、草刈り、掃除などで、専門的な能力は不要です。
お盆はTwitterなどで募集した4名の方と作業しておりました。

また作業中に色々聞いてみたらいいです。細かいことでもなんでと思うことが出てくるはずです。多分理由がありますので、突っ込んでみたらいいと思います。
文字だけでは伝わらないノウハウや関係者との付き合い方などが伝わると思います。

私もお手伝いに来て頂いた方はありがたいので、困った時は相談には乗りたいと思ってます。

座学をせずに聞いてくる方もいるけど、関係が出来ている方には怒らないです。

 

まとめ

今回は珍しく初心者に向けたコラムにしてみました。
まず、座学は最低限のことなので、確実にやること。
そこからさらにステップアップするには、自分が汗を書いて学んでいくことが大事なのかなと思っています。

私が一番うまく、知識を身に着けたと思う初心者は
「タカボンさん」だと思います。

物件所有していないのにコラムニストに応募するってなかなかぶっ飛んでませんか。
違う意味でもリアルにぶっ飛びましたけど。

 

ご本人の人柄もありますが、コラムニストになることで婿養子さんやrin5さんなどが内見に同行したりという圧倒的僥倖を得ております。

何でもチャンスと感じる感性とチャンスがあれば飛び込んでみる姿勢が大事だと思います。

勝つことは偶然じゃないっ…!
勝つものは勝つべくして

勝っているのだ…