こんばんは!地主の婿養子大家です!

 

縁とキッカケ

 

購入シリーズ5日目になります。

シリーズの構成は、

【1日目】

1.仲介の変化に気づいてますか?

【2日目】

2.金融機関への打診から思うこと

【3日目】

3.物件紹介から買付までの全部

【4日目】

4.条件交渉のタイミング

【5日目】

5.【キッカケ】について

です。

 

今日は、5.【キッカケ】について、

縁とキッカケの関係性をテーマに、いつもながら好き勝手に自論を展開してみたいと思っています。

 

構成は、

1.本件のキッカケのキッカケ

2.縁とキッカケ

3.縁に気づく!

4.キッカケを作る!

5.縁もキッカケも人から生まれる

6.仲介の顔が浮かぶ

7.仲間の顔が浮かぶ

8.人付き合いとは?

以上で好き勝手書かせていただきます!

 

1.本件のキッカケのキッカケ

今回の物件を購入出来たのは何故でしょうか?

単純に言えば、

対象不動産を紹介してくれた仲介担当者のおかげですが、その担当者と久しぶりに連絡をとったのは、その仲介が担当だった別の物件情報を紹介してくれたリーマンまさゆきさんのおかげです。

じゃあ何故?

まさゆきさんはあの情報を僕に紹介してくれたのか?

振り返ります。

僕はまさゆきさんの為に何かやってあげたこと?特に思い当たりません。強いて言えば、生命保険の節税商品の関する裏情報を得た時に、その生命保険を活用することをコラムにしていたまさゆきさんの事が心配になって、個別に電話したことくらいでしょうか。

約1年半くらい、

ここで一緒にコラムニストとして時間を共有してきた

本当の仲間

だったから?まさゆきさんが物件情報を仕入れた時に、

僕の顔が浮かんだ

のだと思います。しかも、あの時のメールは携帯からの転送でした。おそらく、仕事中にわざわざ転送したのだと思います。

それがキッカケで

僕は今回初めて土地値アパートを購入することになりました。

 

そしてもう一つのキッカケ、

仲介の担当者。僕は1年前に彼から戸建を買いました。彼にはその時に僕の投資規模やら条件も話しましたが、収益不動産に不慣れな2年目社員の彼は覚えていませんでした。

が、

僕は

彼が将来急成長すると思っていました。時を経て、彼は凄く優秀な営業マンに成長していました。

だからというわけではありませんが、当時、僕はかなり多くのことを彼に教えてあげたりした記憶がありますし、契約した物件では面倒なことは一つも言わなかったはずでした。

彼にとって、僕のイメージが凄く良かったから?

まさゆきさんから紹介された物件の案内をしてくれた時に、再度、僕の条件を伝えたら、

今回物件を紹介してくれた

のでした。

 

つまり、

僕はまさゆきさんが作ってくれたキッカケから縁があり。

仲介の彼も僕がつくったキッカケから縁を作ってくれた。

 

そのキッカケのキッカケは、

意図せずに

僕が作ったモノ

だったわけでした。

 

2.縁とキッカケ

何が言いたいのか?

結局、不動産は縁だと思うのですが、その縁をモノに出来るかどうかは、

キッカケを大切に出来るかどうか?

だったり、

キッカケのキッカケを大事にするか?

だったりするのではないか?と良く思うわけです。

 

紙の投資家やそちらから不動産投資家になった方からすれば、

何言っちゃてんの?(-_-;)

かも知れませんが、

 

極端な言い方ですが、

不動産投資も不動産賃貸業も、

キッカケ

を大切に出来たり、そのキッカケを作る

日々の行動の

だけでも十分やっていけると思っています。

 

寧ろ、

それ以外には必要あるのか?とすら思うくらいに、

との付き合い方

は大切だと思います。

 

3.縁に気づく!

縁に気づくこと。

 

またまた、

何言っちゃてんの (?_?)

でしょうか。

 

不動産投資を始めようとすると、自然と、人との出会いは生まれます。

 

簡単な例なので、

この場を例

にします。

 

ここは、匿名の2CHのような場所だと思っている読者もいるでしょう。

僕は、コラムを書き始めてから一度もそんな風に思ったことはありません。

別にこの場を盛り上げることで何かを得ようと思ってはいませんが、この場を盛り上げることで、

結果的に、

得た縁は一杯あります!!

 

そして、匿名のネットの世界なのに、人が書く文章やコメントの中に、

縁があること

に気づきました。

 

縁は求めて得るものではないとは思います。

そこにあるモノ

なんでしょうか?

 

別に、縁なんてなくても成功する人もいるでしょう。

逆にハッキリ言ってしまえば、

僕は

縁を大切にしないで成功しようとまでは思いません!

 

実は目の前にある縁に気づくことが大事だと思うわけです。。。

完全に頭逝っちゃってる

精神論を謳う阿呆

みたいですが、

 

 

 

、、

 

 

、、、

 

 

本気です!!!(‘◇’)ゞ

 

4.キッカケを作る!

じゃあ、縁を見逃さない為にどうすれば良いの?

教えて!

ご縁真理教の教祖様!

\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

 

それは、

キッカケを作ることです!

 

更に、ヤバそうな匂いがプンプンしてきますね。汗

 

自論では、

縁のキッカケは、

お金からは生まれません!

 

キッカケを作る行動は、

相手を思いやる心や行動

から生まれると思います。

 

これ、、、

 

圧倒時に投資家に欠落しているモノ

だと思っています。

 

そして、僕も商社の営業マン時代にも仲介営業マン時代にも欠けていました。

寧ろ、高校野球で主将として甲子園を目指していた頃の方が優れていたとも思います。甲子園を目指し無我夢中で頑張っていた頃は、周りはみんな応援してくれました。

 

ひょっとすると、

キッカケは、そんな風に、

欲やお金とは別のところにあるのかも知れません。

 

かといって、人間、欲もお金も大事です。

なので、

それ以外を大事に出来るかどうか?

が意外な縁を引き寄せ、キッカケを呼び寄せるのかなとも思います。

 

5.縁もキッカケも人から生まれる

しつこいですが、縁もキッカケも、人から生まれます。

正確には、自身に関わる縁やキッカケは

他人が作ってくれるものではない

と思います。

物件との縁もキッカケも

仲介との縁もキッカケも

仲間との縁もキッカケも

私から生まれているし、

人によっては、

ブーメランという言い方や鏡という言い方をするかも知れません。

 

いずれにせよ、

縁もキッカケも、

向こうからやってくるモノではなくて、

そこにあるもの

だと思うのでした。

 

6.仲介の顔が浮かぶ

ふとした時に、仲介の顔が浮かぶことはありますか?

私にそんな時があるのであれば、仲介の頭に私の顔が浮かぶ時があるのだと思います。

今の私にとって、

売買仲介は10人程の顔が浮かびます。

賃貸仲介は何十人の顔が浮かびます。

 

結果が先なのか?

顔が浮かぶから結果が付いてくるのか?

彼らとのやりとりが多くあります。

 

売買自体、私の規模でも年に何度も売り買いするわけではありません。

それでも、

数少ない縁があるのは、その顔からであることがどんどん増えていきます。

 

日々の行動は、

この

顔が浮かぶ人を増やす

行動なのかも知れません。

 

今日、少し揉めた仲介店長のところへお詫びに伺いました。お詫びとは言っていますが、相手が僕をどう思っているかを確認に行ったと言った方が正しいです。

一度しか会ったことがなくても、絶対に僕の顔を忘れない店長や営業とはその後、必ず、縁があります。

この店長は、

3度目なのに

僕の顔を覚えておらず、毎回、名刺を切ろうとします。。。

恐らく、

この店長とは今後、縁はないかと思います。

 

7.仲間の顔が浮かぶ

私はあけぼの会の所属しています。会員は450人程います。

浦和クラブのメンバーです。メンバーは40人以上います。

何度も顔を合わせている人もいますし、1回しかお会いしていない人もいます。

何度も会っていても、

仲間の顔として浮かばない顔

があります。

でも、

一度しか会っていなくても、

仲間の顔として浮かぶ顔

一度も会っていなくても、

仲間の顔として思い浮かべる顔

 

その違いは好き嫌いではありません。

相手が僕をどう思っているか?

だと思います。

 

8.人付き合いとは?

僕は、

大家とは

人が生きる場所を提供する人

のことだと思っています。

 

不労所得だから楽だからと不動産投資を始めた人も多いと思います。

そういった側面があるのは疑いようのない事実だと思ってはいます。

でも、

そう思っているだけの人の手からは

いつか不動産は去っていく

と思います。

残るのは現金だけでしょうか。

はたまた、

借金だけでしょうか。

 

この話は、

物理的に管理を委託する大家のことを言ってはいません。

心理的に大家業を放棄している大家の事

を言っています。

 

どれだけ、苦手でも、避けたくても

大家であり続けるためには、

人との縁やキッカケを大事にしなければいけないのではないか?

 

書きながら、筆が滑り、

痛く恥ずかしい事を一杯書いてしましました。汗

 

今日、本件の契約が無事に終了しました。

 

次回からは、本件の購入事例コラムとして実践的な事を共有できれば書いて参ります!

 

本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました!