こんにちは!100年大家です。

前回から時間が経ってしまったので、一部再掲します。

インディペンデント・プロデューサー

リンダ・グラットン氏の「LIFE SHIFT100年時代の人生戦略)」では、長寿化時代には人生のあり方が大きく変わり、人生の新しいステージを選択する人が増えるとあります。それが前回までに書きましたエクスプローラー、インディペンデント・プロデューサー、ポートフォリオ・ワーカーです。60歳まで会社員として働いて老後に余暇を過ごすのではなく、若い時から広い選択肢を持ちながらさまざまな仕事に取り組むというものです。このような生き方においても、不動産が人生をより豊かにしてくれるのではないかいうことを前回書きました。

そして、インディペンデント・プロデューサーとして何をビジネスにするかを見つけた人は、次にお客様を見つける必要があります。

顧客の開発

最も効率的なのは、現在自分のいる会社をお客様とすることです。社内事情をよく知っていますから、誰にアプローチすれば良いのか分かりますし、何が課題で、何が効果的な解決策なのか分かるのではないでしょうか。適切な価格設定も分かると思います。

次に効率的なのが、これまでお付き合いのあったお客様にアプローチすることです。自分の会社と同様に、他の会社に比べればはるかに会社の状況が分かります。他人では会えないようなポジションの人にも会って自分のサービスを紹介できるのではないでしょうか。

その他、パ○ナのような人材紹介会社を通じて、自分の好きなこと、得意なこと、人の悩みを解決できることをサービス提供することも可能です。手数料を支払いますが、直ぐにお客様を見つけられそうにない方は相談してみるのも良いと思います。

世の中には実に沢山のビジネスがあります。個人で小さくビジネスを始めた方には次のような方々がいます。極々一部をご紹介します。

・ライフプランナー

・経費削減コンサルタント

・フリーアナウンサー

・経営コンサルタント

・システム開発

・プレゼン・コンシュルジュ

・営業強化コンサルタント

・医療ライター

・英会話レッスン

・マーケティングコンサルタント

・人材紹介・人材派遣

・ファイナンシャルプランナー

不動産業界はやっぱり仕組みができている

不動産コンサルタントにとってお客様を見つけることはそれほど難しいことではないかもしれません。SNSで発信したり、セミナーを開催するなどして、コンサルを必要としている方とつながることが可能なようです。

また、不動産賃貸業の観点においても、不動産業界は仕組みができています。

「何をビジネスにしたら良いか」については、貸し出す賃貸マンション・アパートの部屋そのものが商品・サービスになります。つまり、付き合いのある不動産業者や楽待等を通じて自分の基準を満たす物件を見つけ、購入することができれば、ビジネスを始めることはできます。

「どうやって売れば良いか」については、ジモティ等を利用して自分で客付する方法もありますし、アパマンショップ等の客付会社を利用する方法もあります。つまり、不動産賃貸業は「何をビジネスにしたら良いか」と「どうやって売れば良いか」という課題を解決する仕組みが既にあるのです。

私は不動産賃貸業が好きです。物件を探すのも、現地に行くのも、色々な関係者と話しをするのが本当に楽しいです。

一方で、不動産以外にも興味を持っています。一度きりの人生なので、インディペンデント・プロデューサーとして色々なことにチャレンジしたいと思っています。まだ見ぬビジネスパートナーとの出会いも楽しみです。

こうやって色々な可能性を探れるのも不動産投資のお陰様ですので、これから投資を始めらえる方々の少しでも力になりたいと思います。

本日もありがとうございました!