皆さんこんにちは!パテント大家ATSUSHIです。

 

本日は、先日、大手家電量販店(ネットショッピング)で購入したエアコンの工事に立ち会いましたので、当日の動きとその注意点についてお話ししたいと思います。

 

大手家電量販店(ネットショップ)で購入したエアコン工事の立ち会い

 

以前のコラムでお話ししましたが、私はインターネットショッピングにて、最安値(おそらく・・・)で大手家電量販店から設置工事込みのエアコンを購入しました。私はつい先日、そのエアコン工事に立ち会ってきました。

 

家電量販店のインターネットショッピングにてエアコンを購入すると、エアコン工事の日程に関しては、購入後のアンケートにて、希望日・希望時間帯(午前・午後)を選択するところが多いかと思います。

 

私は、とある希望日の「午前中」を選択しました。

 

では、当日の流れとともに、注意点を記載したいと思います。

 

8時頃

 業者より電話があり、これから向かうので9時から工事に伺うことになる旨の連絡がなされる。私は、「実は設置工事の現場は私の所有するアパートの一室で、私もこれから準備して行くので、9時半くらいには到着する。アパートには入居者さんがいるため、先に設置工事を始めておいてほしい」旨を伝える。

 

8時過ぎ

 事前に予定を空けておくよう連絡済みの入居者さんに電話。

 しかし・・・

 電話にでない!!!

 

8時半

 自宅を出発。何度入居者さんに電話をしても・・・

 電話にでない!!!

 

8時50分

 ようやく入居者さんから折り返しの電話が・・・

 明らかに寝起きの声でした(笑)ただ、以前から約束はしていたので、10分後に業者が来るので対応してほしい旨を伝え、ホッと一安心。

 

9時半

 私が現地に到着。業者さんに挨拶をすませ、工事が完了するのを待つ。

 

11時半

 待つこと2時間・・・

 私は物件の掃除をしつつ待っていましたが・・・長かった。。。ようやく工事が完了。リサイクル代と古いエアコン取り外し代を支払い、保証書を忘れずに受け取り、設置工事完了。

 

以上が当日の流れです。

 

私なりに感じた注意点

 

今回、自分で手配した大手家電量販店によるエアコン設置工事に立ち会ったわけですが、次のような注意点を私なりに感じました。

 

①管理会社担当者には立ち会いをお願いしにくい

→上述したように、業者さんからは朝の8時くらいに電話がありました。管理会社の担当者だと、おそらく就業時間中ではないため、電話がつながらないことになります。そのため、午前中の工事のお願いだと、管理会社の担当者には立ち会いをお願いするのは少し難しいと感じました。

 

(ちなみに、過去に他の大手家電量販店にて、ある家電の設置工事をお願いしたときも、朝の8時くらいに電話があり、「これから向かいます」スタイルでした。そのため、ほとんどの大手家電量販店には当てはまりそうだと感じています。)

 

加えて、工事中は、追加の工事の判断(追加料金の発生)も必要になる場合があるため、基本的には工事中は立ち会っていてほしいとのことでした。つまり、2時間以上、管理会社の担当者を拘束することになります。そのため、管理会社が懇意にしている街の電気屋さんよりも融通が利かない大手家電量販店(ネットショップ)による工事は、管理会社には嫌われそうで、自分で注文したからには最後まで自分で対応するのがベターだと感じました。

 

②入居者さんと連絡がつかないときのリスク

→インターネットショッピングの大手家電量販店というのは、前回もお伝えしたように、そのほとんどが、工事日を変更したい場合には、インターネットショッピングにてエアコンの注文をいったんキャンセルし、再発注しないとできないパターンが多い印象です。

 

つまり、今回はギリギリ大丈夫(かなり焦りはしましたが)でしたが、

仮に入居者さんと連絡がつながらず、最悪工事日を変更しないといけなくなった場合・・・

家電量販店(ネットショップ)によっては、

エアコンの注文を一度キャンセルし、

改めて再発注しないといけなくなる

わけです。

 

(ちなみに、工事日当日のエアコンの価格は、そのエアコンを私が購入した時の価格よりも10000円くらい値上がりしていました。インターネットショッピングでは、店舗での購入とは異なり、価格交渉はできまず、当然そのときのネット掲載価格で購入しなければなりません。そのため、工事日の変更により、購入価格が上がってしまうこともあり得るようですね。逆に価格が下がってラッキーということもあるかと思いますが・・・)

 

さらに、前回のコラムでもお伝えしたように、インターネットショッピングの家電量販店で購入した場合のエアコンの工事日設定は、店舗で買うよりも一週間ほど先の日程でないと設定できない場合がほとんどです。

 

つまり、入居者さんと連絡が取れず、工事日を変更する場合、大手家電量販店(ネットショップ)に関して言えば、街の電気屋さんのように「明日また来てください」というようなお願いは恐らく難しいと考えられ、工事が先延ばしになってしまうパターンが多く、さらには再発注により、価格が当初よりも上がってしまう可能もあるわけです。

 

以上をまとめると、やはり、

大手家電量販店のネットショップを通しての工事は

なかなか融通が利かない

というのが、注意点だと思います。

 

ただ、きちんと入居者さんと連絡がとれ、大家が問題なく立ち会うことができさえすれば、管理会社に丸投げするよりもコストパフォーマンスは高いと感じました。

 

なお、以前のコラムにて、「取り付け業者検索サイト経由で一人親方のような業者にお願いすれば、より安く仕上げられる」というコメントもいただきましたので、私自身、これからまた色々と試行錯誤してみたいと思います。

 

以上、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!